アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

お口の健康を保つということ -予防歯科・メンテナンスのあり方についてー

金曜日, 5月 22, 2015 @ 09:05 AM

今日もコチラから。

先日投稿させていただいたように、予防歯科で大切なことはしっかり見える状態で診るということです。

診た後は・・・

適切な処置をすることが大切になってきます。

予防のために定期的なメンテナンスを受けられる方は、歯周病にフォーカスすると必ずしも歯肉が健康で問題無い方ばかりではありません。諸事情(外科治療が怖い・したくない、全身疾患があるのでできない、痛みがないのでこれ以上の積極的な治療は望まないetc)により現在の状態を維持していくことを目標としながら、予防に努める方もいらっしゃいます。

そのようにどこか問題が残っているけど予防処置で大きな症状を出さないように管理していくというのは難しく、多くのクリニック、歯科衛生士さんは苦慮していることと思います。私たちも以前は難しいなと感じていましたが、マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた予防処置・メンテナンスをすることで、大きな症状を出す機会が減ってきた、しっかりと予防できているのではないかと実感してきております。

マイクロスコープを用いて、専用の細い超音波チップを使ってのイリゲーションは患者さんに多くの幸せをもたらしてくれると思います。

・歯周ポケットに潜んでいる歯垢をしっかり取り除いてくれる

・余計なところに接触しないので痛くない

・歯肉に傷を付けないので、出血も少なく、歯肉を下げにくくする

と患者さんにとっては有益なことが多くあります。

なので、このような方法でメンテナンスを受けていただければ、多くの方々を歯周病から守ってくれるのではないかと思っています。

歯石を取る、歯の表面をクルクル回る歯ブラシで磨くだけが予防ではありません。しっかり、患者さんの歯肉や咬み合わせを診て、それに必要な処置(今回の場合は、奥深く潜んでいる歯垢の除去)をすることが予防ですので、形式だけの予防ではなく、本当の意味での予防処置を皆さん受けていただければと思っています。

ご興味のある方は、一度ご相談いただければ幸いです。

では、今日も一日よろしくお願い致します。みなさんを良い一日を!

院長 佐藤