アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

知らないうちにむし歯が・・・・・

金曜日, 6月 5, 2015 @ 01:06 PM

自分では、しっかり歯みがきをしているし、定期健診も受けているので問題ないと思っていても意外に落とし穴が・・・。

シーラント1

こちらの患者さんも長年他院でメンテナンスを受けられていたそうです。この歯を観察すると咬む面の溝があるところに白い色の詰め物とオレンジ色の詰め物がされています。これは何かというと「シーラント」というもので、小学生ぐらいの歯が萌え始めてきた時に、むし歯になりやすいこの溝を人工の詰め物で埋めることで、むし歯になり難くする目的で行われるものです。こちらの患者さんも例に漏れなく行われたものだと思います。

しかし・・・

レントゲン写真で、怪しい影がありましたので、マイクロスコープで確認すると確かにこの周辺特に白色の詰め物の周辺が黒く透けて見えたことから、患者さんに説明をして同意が得られたので、治療を開始しました。

削っていくとすぐに、抵抗感が無くなり大きな穴が開きました。

シーラント2

中はあめ色になっており、硬さも軟らかく予想通りむし歯が進行していました。

さらに削っていくとむし歯はここまで広がっていました。

シーラント3 シーラント4

出来るだけ入り口を広げないように削りましたので、入り口の大きさはあまり変わらないかもしれませんが、実際中は点線ぐらい広がっていますし、深さは5mmほどありました。

このように知らず知らずのうちにむし歯が進行していました。むし歯を予防するはずだったのに、むし歯が進む・・・。なんとも皮肉な結果です。

削った後は、ダイレクトボンディングでいつものように歯の形を復元しながら、さらに再度むし歯にならないように充填し、修復しました。

シーラント5

う~ん、マイクロスコープで見てもどこを治療したかわかりませんね!!!

今後は、当クリニックのマイクロメンテナンスで、しっかりと予防に取り組んでいきたいと思います。

新しい治療法が全て良いわけではありませんが、私が現在信頼のおける治療法を当クリニックの患者さんには提供させていただいております。また、治療の後のメンテナンスもとても重要ですので、患者さん自身もご自身のお口に興味を持っていただき、しっかり予防に取り組んでいただければと思っております。そして、お口のことでは苦労しない、悩まない快適な生活を送っていただければ幸いです。

では、皆さん良い一日を!

院長 佐藤