アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

機能回復×審美=たかデンタルクリニックの治療

金曜日, 9月 4, 2015 @ 10:09 PM

最近、ある患者さんから先生の日々の情報も良いけど「先生の治療が見たい!」というリクエストがありましたので、今日は治療のお話を。クリニックに通おうかどうか迷われている方は、クリニックのホームページを良く見るとは思うのですが、当クリニックに通院されている患者様は、通院後もブログやホームページを見てくださる方が多く、結構治療例の紹介を楽しみにされているようです。もしかしたら、自分が出るかもしれないと思って楽しみにしてくださっているのでしょうか?

では、前置きはこのぐらいにして・・・

コチラの患者さんは、前歯のかぶせ物のところが痛い!黙ってても痛いしそこで咬むとなお痛い!という主訴でいらっしゃいました。

森before

診ると右上の1番目と2番目(向かって左側)の歯の根の先に病気が出来ており、若干動揺もありました。詳細は、今回は割愛しますが、マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた根管治療をしっかりさせていただき、その後ファイバーコア(グラスファイバーを使った土台)を入れて仮歯でしばらく経過を見ることにしました。

そこまで来ると患者さんも気持ちに余裕が出てくるようで、「前歯の見た目も治したい!」と希望されました。

私の中ではすでにプランはありましたので、そのプランを患者さんに提案させていただきました。

1、仮歯の後はオールセラミッククラウン

2、左右対称となる左上の1番目と2番目(向かって右側)はダイレクトボンディングで以前の詰め物を治すと共に形も左右対称になるように修復

3、ダイレクトボンディングをする前に歯肉の形を左右対称になるように整える

と提案させていただきました。

さらに、この3つの治療を行った時の最終形をイメージしてもらうために模型上で再現したものを見ていただいたりもしました。

患者さんもこのようになるならば是非とも行いたいとおっしゃっていただきましたので、そのプランを進めることにしました。幸い根管治療の経過も良好でしたので、スムーズに進めることができました。

その結果が、こ・ち・ら

森after

左右の歯の軸(歯の向き)が元々違うのですが、それをダイレクトボンディングで修正。歯肉の形も整って、オールセラミックもバッチリ!となりました。

まさに

“機能回復×審美=たかデンタルクリニックの治療”

となりました。

今後は、患者さんの適切なセルフケアと歯科衛生士によるマイクロメンテナンスで、しっかり長期的に維持できればと思っています。

マイクロメンテナンス

上の前歯だけの治療ですが、いろいろなことが凝縮された治療となりました。

 

では、今月も患者さんの笑顔に出会えるように、充実診療をがんばっていきたいと思います。

 

院長 佐藤