アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

3年ぶりの社員旅行~♪ パート6 完結編

木曜日, 4月 21, 2016 @ 07:04 PM

さあ~最終日のラストスパートです!

デンタルショーからタクシーでマリーナ・ベイ・サンズへ移動。

ちょっとここでシンガポールの道路&車事情。

シンガポールを車で移動しているとわかるのですが、ほとんどが一方通行&片道4または5車線。なので、みんなガンガンとばします。その時の車間距離が・・・(汗)。感覚としては、私たちが50キロぐらいで走る時の車間距離で80キロ走行するのでちょっと怖い・・・。車線変更もバンバンするのですが、入れてもらうというよりは、ねじ込んで後ろの車が前に合わせるという感じ。もうひとつ驚いたのが、タクシー運転手の方々誰もカーナビ使いません。皆さん道路が完全に頭に入っているという感じです。

あと、タクシーはほとんどがヒュンダイですね。

タクシー

一般車両は、メルセデスやBMWが一般的で、日本車は若干・・・(がんばれ、日本!)。ランボルギーニやフェラーリ、ポルシェなんかも結構ごろごろ走っている。軽自動車は1台も見ませんでした。やはり、潤っている国は違いますね。という感じでした。

 

さて、マリーナ・ベイ・サンズのショッピングモール。

どこも見てもハイブランド、ハイブランド、ハイブランド・・・・。

マリーナベイサンズ2

だんだん胸焼けがしてきました。そんな時に、ひょっこりファストファッション。ちょっと安心します(^0^)/

ショップ以外にも運河にゴンドラや逆噴水?やスケートリンクまであり、広大な店舗面積でありながら飽きさせない作りのように感じました。

マリーナベイサンズ3

マリーナベイサンズ4

カジノの入り口のATMはえげつない感じでしたが・・・(笑)

マリーナ・ベイ・サンズでは、お土産の紅茶を買いにこちらのお店に伺いました。言わずと知れたTWG。

TWG

TWG3

紅茶と言えば通常はこんな感じのティーポットと紅茶の缶ですが、なんとそこに売っていたのは、南部鉄器の急須と岩手県や秋田県で作られている山桜の樹皮を加工した茶筒。

南部鉄器 茶筒 

※資料画像

まさにメイドインジャパン!メイドイン岩手!でした。店員さんにこれは俺の故郷で作ってるんだぜ!てなことを話しOh! Greatというような返事をされ、ちょっと誇らしくなりました。ちなみにお値段は、日本の3倍ほどでした。そりゃ~こぞって輸出するよな~。地元は、結構品薄です(^^;)

その他のショップを見ているとこんなお店も。本物のF1カーが鎮座していました。

マリーナベイサンズ5

お店の中での撮影はNGでしたので、外からこっそりパチリ。フェラーリと言えばプロストやアレジの時代の私ですが、本物はなかなかの迫力でした。

ぶらぶら見て回った後は、ちょっと休憩。

ローカルフード第3弾!のカヤトーストとコピをいただきました。

カヤトースト ※資料画像

カヤトーストはカリカリに焼いたパンにバターとカヤジャムをサンドした物です。お好みで生卵や半熟卵を付けて食べます。シンガポールの朝食としてポピュラーなようですが、お昼やおやつにも調度良い感じでした。また、コピは、甘~い、甘~いコーヒーです。コーヒー&砂糖&練乳であればあの甘さは納得ですね(苦笑)

その後は、またブラブラと見て回り、藤野が約束した場所に現れず探していると100メートル先を優雅に散策しているのを見てちょっとイラッ!としたりしながら(笑)過ごし、時間になったので、ホテルに戻りチェックアウトをし、空港に行くJTBのバスが来るまでの2時間強をアフタヌーンティーと洒落込みました。

アフタヌーンティ2

アフタヌーンティー1

みんなの希望の3段トレイをオーダーし、旅の思い出を振り返りながら、スタッフの恋話なんかも聞きながらまったりとした時間を過ごしました。千葉は、さすがに胃が疲れてきたようで、ギブアップでしたが、鉄の胃を持つ2人は、かなりボリューミーでしたがペロッと平らげ、どちらかは千葉の分もごっつぁんですといただいておりました。どちらかは、あえて言いませんが、まあ今回の旅行の主役ですね(爆)

その後は、出国も無事にでき、笑いの神も降りては来ず、何事も無く盛岡まで到着しました。私は、間違って函館北斗まで行かないようにと途中からしっかり起きていましたが、皆は、遊び疲れて爆睡でした(笑)

藤野

という感じで、楽しい旅行をさせていただきました。しっかり、オフを堪能しましたので、これからは、オンモードで悩まれている多くの患者様のために精密な治療、機能的にも審美的にもご満足いただける治療を今後も行っていきたいと思います。

 

また、長々とお付き合いいただきありがとうございました。このブログを見てシンガポールに行ってみたい、興味を持ったという方が1人でもいらっしゃったら光栄です。以上をもちまして、本編は終了~♪

どんとはれ(^0^)/