アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

患者さんの立場になった時に思ったこと

月曜日, 1月 23, 2017 @ 11:01 PM

日々むし歯の治療、根の治療、歯周病の治療などを行っている私はその治療の大切さ、大変さを知っているので、自分自身の予防はしっかりやっています。しかし、子供の時はそうでもなかったので、残念ながらむし歯が1本もないというわけではありません。

今までに数本むし歯の治療を行っています。その中でも1本は、繰り返しの治療の中でかなり広範囲に削られています。その歯が、今回またトラブルとなってしまいました(汗)

詳しくは、コチラのブログをどうぞ!http://www.eedental.jp/ee_diary/

自分自身が患者さんの立場になった時にまず考えたのが、この歯をどうやって保存するかということ。つまり、自分だったらどのように治すか。ブログにもありますように今回は、むし歯の治療と根管治療の可能性もありましたので、いろいろな先生の顔が浮かびましたが、結果として私と治療スタイルの同じ先生のいる愛知県まで行くことにしました。

治療結果は、すこぶる快適!!!

まさに、患者が先生を選んで治療をしてもらいに行く。当クリニックにも遠方から沢山の患者さんがいらっしゃいます。ちなみに、当クリニックは診療圏外の患者さんが70%なのです。

「病気を治す」という1点においては、私自身「距離」や「費用」ではないなと思いました。往復8時間掛かりましたが、自分が思う治療法でしっかり結果に導いていただきました。

私のような考えは、もしかしたらまだまだ少数かもしてませんが、共感いただける方には、今度は私がその方の手助けが出来ればと思っています。

今年も治療の質にとことんこだわって、当クリニックにお出でくださる患者さんが笑顔になれる手助けが出来ればと思っています。そして、患者さんの立場を経験してのお話を通してのアドバイスも出来るかと思います(^0^)/

では、今週もどうぞよろしくお願い致します。

 

院長 佐藤