アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

久しぶりに治療のお話

木曜日, 12月 7, 2017 @ 10:12 PM

12月になると時間が過ぎるのが早く感じるのは私だけでしょうか・・・(^_^;)

 

さて、治療のお話を久しぶりに・・・。

自費専門クリニックになって3年が経過して一番変わったことは、同業者の方々が患者さんとしてお越しくださることが、以前に比べて多くなったことでしょうか。治療の仕方は、一般の患者さん、紹介でお越しいただいた患者さんと何も変わりませんが、歯科の知識がある分やはりいろいろ思いを張り巡らすこともあり緊張します。そういう私も今年の2月に自分の治療を受けに愛知まで行って来ましたが、治療して下さった先生は嫌だったろうな~と思う訳で・・・(汗)

 今回いらした先生も他県からの来院で、先生の都合もあり2ヶ月で完了!という条件付でしたので、しっかり治療計画を立て、私と当クリニックのスタッフ&パートナーの歯科技工士でしっかりタッグを組んで進めていきました。

治療の内容は、

・前歯の根管治療(歯の根の治療)

・かぶせ物の治療

・むし歯の治療(ダイレクトボンディング)

その他、いろいろ追求すると外科的な治療もありましたが、そこまでは希望しないとのことで上記の内容で進めることにしました。

 

一旦前歯は仮歯に置き換えて、根の治療を行いました。

根の治療が終わったところで、真ん中の隙間が気になるとのことでしたので、その辺の修正を行い、また陰に隠れている部分の虫歯の治療をダイレクトボンディングで行いました。

その後、最終のかぶせ物を技工士さんに作っていただきました。

 

いかがでしょうか?

だいぶ割愛して書きましたが、機能的な改善はもちろんのこと、審美的にもステップごとにチェックをしながら、修正をしながら、いかに自然に見えるかまで追求をしていきました。

以前のかぶせ物は、左右対称ではなく斜めの歯並びでしたが、今回はその辺を修正できたのではないでしょうか。色も形も満足いただけたようでした。

という訳で、いっぱい汗をかきながらの治療も無事終了!!!

K先生の門出を祝うことができたかな。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、当クリニックではこのように患者さんにあった治療を行っています。もし、このような治療にご興味がある方は一度ご相談いただければ幸いです。では、今日はここまで!

 

院長 佐藤