アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

ホワイトニングを取り巻く最近の環境について

水曜日, 4月 18, 2018 @ 06:04 PM

先日、美容業界の知り合いから「最近美容業界では、歯のセルフホワイトニングの導入の営業がすごいんだけど、ぶっちゃけどうなの?」と質問を受けたので、患者さんの皆さんにも知っていただきたいなと思いまして、今回ブログにしてみました。

先ず、我々歯科クリニックで行っているホワイトニングには3種類あります。

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニング

・デュアルホワイトニング

詳細はコチラのページをご覧ください。http://www.taka-dc.com/white/

今回問題となっているのは、そのどれでもないセルフホワイトニング・・・。

最近は、専用サロンがであったり、エステや美容室のメニューのひとつになったりしているようです。正直言ってこれは、我々が行っているホワイトニングと似て非なるものと思っていただきたく思います。

上記3つのホワイトニングは、

1.医療機関で

2.歯科医師が患者さんの歯を診査・診断して

3.歯科医師または歯科衛生士が

4.医薬品や医療機器を用いて行う施術をホワイトニングと呼びます。

では、セルフホワイトニングは何かというと

1.医療機関ではないサロンで

2.歯の診査・診断なしに

3.自分自身が自己責任で

4.医薬部外品と医療機器ではない機械を用いて行う施術のことです。

言うなればサロンは、お客さんに場所を提供しているといったところでしょうか。

 

ここで一番問題なのは、『歯の診査・診断なしに行う』ということです。薬を塗れば歯が白くなる・・・そんな単純なものではありません。

また、サロンの方が経験から診査・診断をしたらどうなるか?これは言わずもがなですが、アウト!ですね。

また、例えばこちらのような患者さん

我々から見れば一目瞭然の要注意!の歯なのですが、患者さん自身がそれを知らなければ大失敗するケースです。

私自身、歯科クリニック向けにホワイトニングのセミナーをやっている経験からも押さえなければならないポイントが沢山あります。なので、安価というだけでこういうものに飛びつくのは正直リスクがあると思っています。全国的に増えてきている昨今ですので、しばらくこの現象は続くとは思いますが、患者さんがトラブルに見舞われないことを願うばかりです。

 

院長 佐藤