アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

新春雑感 ― キーワードはアウトプット ―

水曜日, 1月 9, 2019 @ 03:01 AM

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

昨年は、たかデンタルクリニックはいろいろありまして皆様にご迷惑をお掛けしましたこと申し訳ございませんでした。現在お待ち頂いている患者様には、いち早くご案内出来るように対策を練っていますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

さて、年末年始私自身は、ネット環境を封印しクリニックのことや自分のことを見つめ直しておりました。そんな時に本棚を見て、ふと以前購入した本の「アウトプットのスイッチ」のタイトルが目に入りました。この本の著者は、グッドデザインカンパニー代表の水野学さんです。名前だけではピンとこないかもしれませんが、「くまモン」をデザインした方、誕生の親と言えば分かりますよね。この方は、当クリニックとも実はちょっと接点があります(ほんのチョットですが・・・(汗))。私が自費専門クリニック立ち上げに際して、いろいろ悩み試行錯誤していた約5年前に、縁あってお会いしてご相談させていただきちょっとしたアドバイスも頂きました。その時のことを思い出しながら本を久しぶりに読み返してみると、「あっ!」と思うことも・・・。

その中で、心に残った言葉をいくつかご紹介。

・人はアウトプットしか見ないし、アウトプットの裏側にあるものを見抜く。

・アウトプットイノベーション!

・「アウトプットの質」が、売れるか売れないかを決める。

などなど・・・。

私たち歯科医師、歯科衛生士のアウトプットと言えば言わずと知れた「治療」です。上記の言葉に倣えば、病気を治す、予防する、そして満足してもらう。そこの質をいかに追求するかであると思います。治療結果でしか判断されないかもしれませんし、保険が利かないという理由だけの自費診療は、患者さんにも見透かされてしまうでしょう。だからこそ腹をくくった5年前だったと思い出しました。私が出来ることは、「歯を残すこと!」。根管治療であったり、ダイレクトボンディングであったり、セラミック治療、歯周病治療・・・。今年もここを更に追求し、質を極めて皆様に提供していきたいと思います。

さらに、

2015年から縁あってはじめたプライベートセミナーも気付けば受講生も約140名。リピーターとなって複数回受講していただいた先生もちらほら・・・(汗)こちらも私にとってのアウトプットの場です。歯科医師になって私も今年で22年目、今も多くのセミナーを受講し、知識や技術をインプットしています。数多くのセミナーを受講しているからこそ分かるその質。情報過多の世の中だからこそ、何が大切で何が求められているかは分かっているつもりです。決して二番煎じではなく、オリジナルであること。また、私のブレインである友人に言われた「技術をしっかり言葉にしなさい」という言葉を胸に自分の感覚を言葉として紐解いたり、バックグランドになっている知識を紹介したり。なので、1回目の内容と21回目の内容の本筋は同じですが、アップデートにアップデートを重ねてその幹はかなり太くなってきたのではないかと思います。今年は、新たなコンテンツ、新たな試みも考えていますので、こちらも追求していきたいと思います。

長々書いてしまいましたが、ここまでお付き合いいただき誠にありがとうございます。

今年も患者様が笑顔になるお手伝いをさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

院長 佐藤