アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

ダイレクトボンディング練習後半

火曜日, 6月 28, 2011 @ 11:06 PM
こんばんは、昨日の続きいきます!
 
早速コメントいただきましてありがとうございます。レシピは全然企業秘密ではありませんよ。Newton Fahl Jr.のレシピどおりに練習したので・・・。
使ったレジンは、トクヤマのエステライトプロです。前歯部は最近これがお気に入りです。
昨日のレシピをおさらいすると、
バックウォール:TN
デンティン第1層:A3O
マメロン:A2O
デンティン第3層:A3E この時切縁にLVスーパークリアでトランスルーセンシーを表現
といったところです。
 
では、続きいきま~す。
 
エナメル層の築盛(A2E)
ここでは、一度最終的な解剖学的形態を作り、その後切縁付近のキャラクターを作るためにカットバックします。

 


 
次は、隣接面の築盛(BW)
隣接面のエナメルを再現します。自分的には、ここはポイントかなと思いました。明度を強調し、メリハリがでます。

 


 
う~ん この辺疲れで雑になってきました
 
やっと最表層の築盛です(TN)
明度の高いシェードで、最終形態よりやや大きめに作ります。

 


 
 
最後は、表面性状などを付与しながら研磨をしました。

 


 
表面性状は、難しいですね。付けすぎるといやらしくなるし、それなりだとただの傷に見えるし・・・。
 


↑before                                                            ↑after
 
出来栄えは、いかがでしょうか?
 
いろいろポイントや問題点が見えてきたので、今後臨床に活かしていきたいと思います。
 
長々お付き合いいただきありがとうございました。
 
このような治療に興味がある方は、たかデンタルクリニックhttp://www.taka-dc.com/までご相談下さい。
 
盛岡職人歯医者:http://www.taka-dc.com/