アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

歯科衛生士さんに伝えたいこと

水曜日, 4月 13, 2011 @ 09:04 PM
岩手県で働いている歯科衛生士さんは何百名いるのでしょうか?私も詳しい数字は把握していませんが、皆さんは今の仕事にやりがいを感じていますか?満足していますか?
私は、現在開業から5年半が経過しましたが、それまでは大学勤務、個人の歯科クリニック勤務医を経験してきました。そこで出会った歯科衛生士さんのほとんどは、この質問にNO!と答えると思います。欧米と違い日本の歯科衛生士さんは、ドクターのアシスタント業務が主になっていること、患者さんを多く見ることがクリニックのスタイルで1人の患者さんに時間をかけることが出来ないこと、逆に患者さんがあまり来ないのでやることがないこと、院長からのトップダウンで全てが決まり、専門職としての意見を聞き入れられないことなどの多くの理由から満足いく仕事が出来ないでいると思います。そのため、折角の資格を活かせず離職してしまう割合がかなり多くなっています。
 
私は、このような現状をとても悲しく思っていました。そして、自分がクリニックを開業した時には、歯科衛生士さんにやりがいを感じてもらい、長く勤めることができる職場を作ろうと思っていました。
そのためには、先ずはどこに出しても恥ずかしくないしっかりした治療をすることを心がけました。スタッフが自分のクリニックは治療の質がいまひとつだから他で治療を受けるということをよく聞くので(実際、多くの歯科関係者が当クリニックにはいらっしゃいます)、そうならないように治療の質にとことんこだわりました。その際たるものが、根管治療レジン充填歯周病治療です。歯医者として当たり前の治療ですが、日本人の歯医者が一番苦手な治療でもあります。この3つの分野は今では当クリニックの得意分野になりました。そして、この分野がしっかりしていないと予防治療もしっかりできません。歯科衛生士さんが、患者さんのモチベーションを上げ、がんばって予防処置をしてもこの3つの分野がおろそかであれば、簡単に再発してきます。患者さんは、「俺はこんなにがんばっているのに何故新たに虫歯が出来るんだ!病気が再発するんだ!!」ということになります。答えは分かりきっています・・・。そう、治っていなかったのです。皆さんもうすうす感じてはいても言葉には出せないことだったのではないでしょうか。
 
治療が上手くいっていれば、歯科衛生士さんの予防治療・メインテナンスは、やりがいに満ち溢れているのではないでしょうか。3年、5年、10年・・・とあなたを頼りに患者さんが通ってくれる、自分自身のアドバイスやメインテナンスのテクニックで患者さんの歯を失わせることなくQOLを高く保つことができる。同じ志を持った仲間がいる。そして、患者さんの予防の一切を任してくれる院長やクリニックのシステムがある。ただの歯車でなく、生活の糧のためだけに仕事をしているのではなく、自分の生きがいとして仕事ができる。
 
このような環境で仕事をしたいと思いませんか?
 
更に、歯科衛生士さんの活躍する分野は審美治療にもあります。ホワイトニングはその一例ですが、当クリニックは開業当初からホワイトニングに力を注ぎ、オリジナルの方法を確立することができました(いろいろ言いたい先生はいると思いますが、ご意見無用です)。当クリニックのホワイトニングコーディネーター3名は、ホワイトニングに関する知識、技術は群を抜いていると思います。ホワイトニングをしたことがなくてもとれるこの資格の方とは質が違います。
 
これらのことを踏まえて、生きがいとして歯科衛生士としての仕事をしたい、今までは違う新しい世界に飛び込む勇気があるというかた一緒に働いてみませんか。そして、患者さんも自分も幸せになれる環境をてにいれませんか。ご連絡お持ちしております。
 
たかデンタルクリニック TEL:019-629-3080
               メール:info@taka-dc.com