アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

誤嚥性肺炎を予防しろ!

火曜日, 3月 29, 2011 @ 02:03 PM
この度の東日本大震災に被災され、亡くなられた方ご冥福をお祈り申し上げます。また、現在避難所生活を送られている方、大変だと思いますが少しでも早い復興のために微力ではありますが、たかデンタルクリニックも協力させていただきます。
今回は、避難所生活において歯磨きを怠ったことによる弊害についてお話させていただきます。避難所生活が長くなると高齢者の中で寒さ、疲労、衛生面などにより肺炎が流行するそうです。しかし、そのほとんどは「誤嚥性肺炎」と言われるものです。高齢者になると反射が衰え唾液や食べ物が気管に入ってしまっても咳き込まなくなります。以前は、誤って食べ物などが気管に入ることで誤嚥性肺炎を起こすと考えられていましたが、近年その原因の多くは、就寝時にお口の中の細菌が唾液を介して肺で繁殖し、肺炎を起こすことが分かってきています。避難所では、水が不足するため歯磨きが最も怠りがちになるそうです。そのためお口の中の細菌が増殖し、同時に誤嚥性肺炎の方も増えてしまうのです。このように避難所で流行する肺炎を避難所肺炎とも言うそうです。阪神淡路大震災の時は、まだこのことが分かっていなかったので、避難所生活が長期になった中で、誤嚥性肺炎により亡くなられる方も多かったと聞いております。
 先日、たかデンタルクリニックでは歯科医師会を通じ歯ブラシを被災地に送付させていただきました。少しでもお役立ていただければ幸いです。また、この記事を見られた皆様が、被災地にむかって発信していただければ多くの方が救われるかもしれません。どうぞよろしくお願い致します。