アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

根管治療

月曜日, 3月 7, 2011 @ 10:03 PM
 またまた更新が滞っていました。申し訳ございません。患者さんに向けて伝えたいことは山ほどあるのですが、「たかデンタルクリニック」といえばやはり根管治療でしょうか。
今年に入ってからの3ヶ月弱で根管治療希望の患者さんがかなり多くいらっしゃっております。皆さん切実な思いをしており心中お察ししております。
 今まで、だましだまし生活してきたけどもうどうにもならない、治療したばっかりなのに症状が取れない、治療しても回復は難しいのでインプラントやブリッジ、義歯しか方法がないと言われ、いろいろ回ってうちに辿り着く方が多いように思われます。私は、ゴッドハンドではないので、ひとつひとつ詳しい診査をさせていただいて、通常の根管治療で治る歯、外科処置まで必要な歯、破折などの理由で残せない歯を見極めていきます。
他院で抜歯を宣告されても当クリニックでは保存可能と診断するケースは結構あります。リスクのある歯を保存することより抜歯してインプラントを入れる治療が現代の歯科の潮流になっているのは事実なのですが、しっかりとした根管治療をしてしっかりとしたかぶせ物をした歯とインプラントの長期生存率は実は同じなので、ドクターがどちらの治療が得意なのか、患者さんが自分の歯を残すことを希望するか人工物を希望するかと選択になってきます。私は、自分の歯にこだわっているので、当然根管治療という選択肢になるわけですが・・・。
確かに私もインプラントの必要性を感じてはいますが、私には信頼できるインプラントのスペシャリストがパートナーとしていますので、その時はご紹介させていただいております。今までも、私が根管治療&セラミックで歯を残し、欠損部位にはインプラントというコラボレーションしてきました。
 残せる歯はしっかり残して、もしもの時は、次の手段を考えるこれが当たり前のことではないでしょうか。
 
先ずは、しっかりとした根管治療をうけましょう!
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑マイクロスコープ約13倍
 
↑裸眼
 
皆様はどちらの視野での治療を希望しますか? 答えは1つしかありません!
 
盛岡職人歯医者 http://www.taka-dc.com/