アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

たかデンタルクリニックはなぜ根管治療にこだわるのか! Part 2

木曜日, 2月 10, 2011 @ 09:02 AM
「せっかく高いかぶせ物を入れたのに数年しかもたなかった」という患者様の落胆の声を聞くことがあります。お話しを聞くと数年間でかぶせ物がダメになったというケースは実は少なく、ほとんどが歯の根の病気、歯の根の破折、歯周病が原因であったと思われます。これらのことは、実はしっかり治療をすれば予防できるものなのです。実際論文でも良い根管治療(歯の根の治療)&良いかぶせ物を入れた場合は91%はトラブル無く生存しているのですが、不十分な根管治療&良いかぶせ物の組み合わせでは生存率は32%まで下がってしまうというデータがあります。(ちなみに良い根管治療&悪いかぶせ物の組み合わせは生存率67%です。)したがって、見てくれは良くても土台や中身が伴っていないといずれダメになってしまうということがわかっているのです。まるで人間そのものですね・・・。
多少時間はかかるかもしれませんが、土台となる根管治療は歯の寿命そのものを決めてしまう大事な治療なのです
では、ダメなら抜いてインプラントをしたほうが良いのではないかという考えもあります(実際、最近そういう歯医者が多いのですが・・・)。しかし、しっかり治療された根管治療&良いかぶせ物をしたご自身の歯とインプラントでは長期的な生存率は同じという結果が出ています。あとは、患者さんがどちらの治療を希望するか、また治療を行う歯科医師がどちらの治療が得意かという問題になります。私自身は、ご自身の天然の歯に勝るものは無いと思っていますので、根管治療が第一選択になります。
 
治療に際しては、治療期間、治療回数、費用などいろいろな問題をクリアしてはじめて行うことが出来ますが、ご自身の現在・未来においてどのようになりたいかお考えのうえご自身に合った歯科医院をお探しいただければと私は思います。
 
盛岡職人歯医者 http://www.taka-dc.com/