You are currently browsing the archives for the 歯科治療ブログ category.

アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

Archive for the ‘歯科治療ブログ’ Category

【6年ぶりの求人募集のご案内】

金曜日, 8月 10, 2018 @ 07:08 PM

 実に6年ぶりの求人募集になります!

最後に求人募集を掛けたのは、実に6年前・・・。たかデンタルクリニックの変革を模索していた時期で、当クリニックの診療体系を少人数のスタッフで運営するに当たり、新人歯科衛生士を求人致しました。その時に入社したスタッフは今では私の診療において欠かすことの出来ない宝物となっております。マイクロスコープを用いた診療において、スムーズに治療を進めるには、アシスタントワークは重要です。さらには治療中だけでなく治療前後の患者様のケアも重要な役割であり、医療人として患者様に寄り添える歯科衛生士に成長してくれたのではないかと喜んでおります。

 今回久しぶりに歯科衛生士の求人募集を掛けるのは、たかデンタルクリニックの新しいステージに向かうためです!岩手県で約600件、盛岡市で210件の歯科医院がある中で、当クリニックは数少ない自費専門のクリニックになります。その分、患者様からも治療やメンテナンスのクオリティーを求められますが、我々はそれが遣り甲斐にもなっています。患者様一人一人の時間を充分に確保し、少人数制の治療環境を整えております。このような環境で、我々のチームの一員として、歯周病の基本治療や定期検診のメンテナンスなどの衛生士業務を行ってみませんか?

また、当クリニックは開院以来予防処置やマイクロスコープを用いた拡大治療にも力を入れていることから、日本歯周病学会認定歯科衛生士や日本でまだ数十人の日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士取得の実績もあります。もちろん、いきなりマイクロスコープを使いこなすことは出来ませんので、トレーニングのためのバックアップや特別講師を招いてのセミナー開催もしております。歯科衛生士としての更なるスキルアップやキャリアアップを望んでいる方には全面協力致します。

治療以外のところでは、2~3年に1度の社員旅行(東京ディズニーリゾート、グアム、沖縄、シンガポールに行ってきました~♪ 詳しくは、過去のブログをご覧ください(^o^)/ http://www.taka-dc.com/blog/2072/)やレクリエーション、学会参加(http://www.taka-dc.com/blog/3621/)、その他には個人研修の研修費補助などの福利厚生にも力を入れており、患者さんの幸せ、スタッフの幸せ、そしてクリニックの発展と全てはつながっていると考えております。

歯科衛生士として働く意義や仕事への遣り甲斐、そしてそれを実現するための環境を求めている方は、是非たかデンタルクリニックのチームの一員として一緒に働きましょう!ご連絡お待ちしております。

院長 佐藤

 

根管治療ブログを更新しました

火曜日, 7月 3, 2018 @ 12:07 AM

久々に根管治療ブログを更新しました。

詳しくはコチラからご覧くださいhttp://www.taka-dental-clinic.com/blog/konkan/570/

院長 佐藤

15~16年ぶりの論文執筆

火曜日, 6月 26, 2018 @ 08:06 PM

昨年末から正月返上で取り組み、生みの苦しみであった論文が先日完成し、昨日やっと手元に届きました~♪\(^o^)/

以前論文を執筆したのは、私が大学に勤務していた時なので、15?16?年ぐらい前でしょうか???

その頃は基礎研究でしたので、これが歯科医学にどのように役に立つのかも自分でもよく分からない中で、目の前の研究に没頭していました。15~16年の時を経て、今回は私がほぼ毎日行っている『マイクロスコープ下での臼歯ダイレクトボンディング』の治療についてまとめさせていただきました。これで、少しは歯科界に足跡、爪痕・・・多少のマーキングぐらいは出来たでしょうか?(笑)

まとめということで、これでリタイアしても良いかな~と思いましたが、まだ子供が小さいのでもう少し・・・まだまだ患者さんのお役に立てるような仕事をしていきたいと思います。

この論文1つで何かが変わる訳ではありませんが、多くの歯科医師の皆さんの日々の臨床の参考になれば幸いです。

今回の論文に際して、日本顕微鏡歯科学会会長T教授はじめ関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。そして、論文完成に向け多くのアドバイスをいただいた同級生のK先生に厚く、厚く御礼申し上げますm(_ _)m

さて、今週もがんばりますよ(^o^)/

 

院長 佐藤

 

先日は、私の見えるの新しい武器、ミラーシステムについて動画を交えて投稿させていただきました。

しかし、この武器は私すなわちドクターだけのものではありません。もしかしたら、歯科衛生士のほうが有用なツールかもしれません。歯科衛生士がメンテナンスや歯周基本治療を行う場合、基本的には1人つまり2ハンドで行うことが多いです。なので、見ることと器具を操作することを同時に行う中でミラーの曇りや水しぶきの処理も1人で行わなければなりません。言葉にするだけでも結構大変そうですよね(汗)

これらのことを瞬時に的確に行うことが出来れば、質の高い治療やメンテナンスにつながることは想像に難くないと思います。

という訳で、今回も動画をご覧ください(笑)

動画は、新しいミラーシステムをONOFFを交互に(10秒ぐらいで切り替えています)作動させています。その時のミラーに写る像の見え方の違いを注意してご覧ください。その違いは明白だと思います。

いかがでしたでしょうか?

どうせ治療やメンテナンスを受けるなら、しっかり見てもらいながら施術をしてもらいたいと思いませんか?

メンテナンスをこの前受けたけど、なんかスッキリしない!ちゃんと汚れが取れている気がしない!なんて聞くことが多々あります。その原因は、もしかしたら技術的な問題だけでなく、このようにしっかり見えていない中でのながら施術であったのかもしれません。

その上での日本顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士http://kenbikyoshika.jp/ninteii.html#iwate

院長の私が言うのもなんですが、村上メンテナンスは本当に安心できます!長期的なお口の健康に取り組みたいな~。興味があるとお思いの方は、一度ご相談いただければ幸いです。

 

院長 佐藤

 

見えるということの大切さ Part ???

木曜日, 6月 7, 2018 @ 02:06 PM

 過去のブログで何回も見えることの大切さについてお話してきました。以前もお話したように、我々歯科医師は、先人からの教えを請う際に、よく「指先の目で見ろ!」「手指の感覚で感じろ!」「心の目で見ろ!」など、感覚的な話をされることがあります。我々歯科医師も普通の人間ですので、治療に対するセンスがあり、指先が器用な人もいれば、そうでない人もいます。なので、ゴッドハンドと呼ばれる人たちは、類まれなセンスの持ち主で、さらにたゆまぬ努力をしてきた人たちなのかもしれません。

 しかし、そこそこのセンスの人間は、もう少し科学的に物事をとらえれば、ゴッドハンドに近づくことが出来るかもしれないと最近思うのです。

そのひとつが、如何にちゃんと見えるかだということは、以前にも申し上げたとおりです。

裸眼治療から低倍率のルーペ治療になり、そこから高倍率のルーペ治療になり、さらにマイクロスコープを用いた顕微鏡治療へと私も20年以上かけてこのように臨床スタイルが変化してきました。今まで見えなかったものが見えるようになると、感じ方も変わってきます。その結果として、精密で安心・安全な治療が出来るのではないかと最近思っています。

そんな私ですので、さらなる精密さを求めて新たな武器を導入しました。

患者さんからすればなんのこっちゃと思うかもしれませんが、治療の時に使うデンタルミラーです。このミラーを見ながら我々は歯を削ったりするのですが、削る時には水を出しているので、その水しぶきで治療部位が見えなくなってしまうことが多々あります。ミラーのポジションを変えたり、アシスタントに協力してもらいながら何とか治療をしているのが実状ですが、今回のミラーシステムは、今までのそれらの悩みやストレスを大きく改善してくれます。

先ずは、百聞は一見にしかずその違いをご覧ください!

全く水しぶきの影響を受けないという訳ではありませんが、格段に治療がしやすくなりました。

また、私が苦手としていた奥歯の被せ物の形成もこんな感じでバッチリ見えるようになりました。

このような訳で、私自身また「見える」ということが少しレベルアップしたのではないかと思います。

さらに、今後も「見える」を含めた精密で安全・安心な治療を追及していきたいと思います。

 

院長 佐藤

だいぶ時間が経ってしまったので、先月の備忘録となってしまいましたが・・・(汗)

盛岡はちょうど桜が満開の季節で石割桜も観光客の皆さんで溢れてザ・春!となっていたころ

たかデンタルクリニックスタッフ一同は、気温28℃の大阪に旅立ちました!

目的は、毎年この季節に開催の『日本顕微鏡歯科学会』への参加です。今年は昨年と違い自分自身の講演や発表はありませんので、こんな感じでとてもリラックスしての参加となりました(笑)

 

学会当日は、もちろんキリリときめて入り口で証拠写真を。

学会の写真は実はこれ1枚しかなかったので・・・(大汗) 一応ちゃんと聞いて来たぞということで感想を。顕微鏡治療となるとその入り口は、歯の根の病気の治療が一般的なのですが、今学会では歯の修復治療、外科治療、歯周病治療、歯科衛生士によるメンテナンスetc今後の顕微鏡治療の可能性をいつもより感じることが出来ました。ただ、まだまだ小さい学会ですので、流派やスタイルが多々存在しているのも事実。それ自体に異を唱えるつもりは全くないのですが、俺は正しいけどこっちは違う・・・と言い出したら格好悪いなと。私自身は病気が、患者さんが治れば「みんな違ってみんないい」と思うほうなので、もうちょっとフレキシブルに考えられないかな~と思うことも・・・。ちょっと脱線しますが、最近特に思うのが、治療に対してアプローチが全く違い、ポイントなど真逆なことを言ってお互いが譲らないのですが、結果は同じみたいなことって結構あるのです。そういうのを目の当たりにすると実はその論点は大勢においては取るに足らないことで、他にもっと大事なことがあってまだ見つけることが出来ていないのでは?って思うんですよね。なので、この学会は流派、スタイルのちっちゃなことを通り越して、その先の歯科医学の未来を見て欲しいと思っています。それだけの可能性を秘めていると思うので。ちょっとまじめなことを書きましたが、少しでものこの学会の発展に貢献できればと現在私も準備中です(ニヤッ)

とココまでは学会ですが、うちの3人娘も参加の学会ですので、オフタイムも充実していたのは想像に難くないと思います(^o^)

という訳で、学会帰りの飛行機がちょうど良いのもなかったので、大阪にもう1泊し翌日は神戸を散策することにしました。

しかし・・・

旧居留地の素晴らしい街並みも一瞬で破壊するアラフォー女子・・・(汗)

 

 

負けじと村上も・・・(笑)

そして心はすでに南京町へ

 

さあ!食べ歩きの時間です!!!

 ←あっ!これは大阪で(笑)

 

最後は元町のスイーツで〆でした。

という訳で相変わらずの食道楽の旅となりました(^o^)/

メリハリが上手なチームたかデンタル!さて、5月も中盤戦がんばるぞ~♪

 

院長 佐藤

先日、美容業界の知り合いから「最近美容業界では、歯のセルフホワイトニングの導入の営業がすごいんだけど、ぶっちゃけどうなの?」と質問を受けたので、患者さんの皆さんにも知っていただきたいなと思いまして、今回ブログにしてみました。

先ず、我々歯科クリニックで行っているホワイトニングには3種類あります。

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニング

・デュアルホワイトニング

詳細はコチラのページをご覧ください。http://www.taka-dc.com/white/

今回問題となっているのは、そのどれでもないセルフホワイトニング・・・。

最近は、専用サロンがであったり、エステや美容室のメニューのひとつになったりしているようです。正直言ってこれは、我々が行っているホワイトニングと似て非なるものと思っていただきたく思います。

上記3つのホワイトニングは、

1.医療機関で

2.歯科医師が患者さんの歯を診査・診断して

3.歯科医師または歯科衛生士が

4.医薬品や医療機器を用いて行う施術をホワイトニングと呼びます。

では、セルフホワイトニングは何かというと

1.医療機関ではないサロンで

2.歯の診査・診断なしに

3.自分自身が自己責任で

4.医薬部外品と医療機器ではない機械を用いて行う施術のことです。

言うなればサロンは、お客さんに場所を提供しているといったところでしょうか。

 

ここで一番問題なのは、『歯の診査・診断なしに行う』ということです。薬を塗れば歯が白くなる・・・そんな単純なものではありません。

また、サロンの方が経験から診査・診断をしたらどうなるか?これは言わずもがなですが、アウト!ですね。

また、例えばこちらのような患者さん

我々から見れば一目瞭然の要注意!の歯なのですが、患者さん自身がそれを知らなければ大失敗するケースです。

私自身、歯科クリニック向けにホワイトニングのセミナーをやっている経験からも押さえなければならないポイントが沢山あります。なので、安価というだけでこういうものに飛びつくのは正直リスクがあると思っています。全国的に増えてきている昨今ですので、しばらくこの現象は続くとは思いますが、患者さんがトラブルに見舞われないことを願うばかりです。

 

院長 佐藤

久々の根管治療ブログ(^_^;)

金曜日, 3月 23, 2018 @ 08:03 PM

根管治療ブログの更新が滞っておりまして申し訳ございませんm(_ _)m

久々ですが更新しましたので、よろしければご覧ください。

http://www.taka-dental-clinic.com/blog/konkan/568/

 

院長 佐藤

今月(3月度)プライベートセミナー

日曜日, 3月 18, 2018 @ 12:03 PM

3月10日、11日は当クリニック主催のプライベートセミナーでした。通算18回目となるセミナーには、福岡、香川、大阪、神奈川の遠方からいらっしゃっていただきました。香川の先生は、2回目の参加となり前回の1day、そして今回のseason2の2daysとコンプリートとなりました(笑)私も30代の時は、学びに対して貪欲でしたので(今はそうではないという訳ではありませんが・・・(汗))、良いセミナーがあると聞けば遠くにも足を運びましたが、片道5?6時間を2回もお越しいただいたことには感謝・感謝です。その他の方も決して近くはない盛岡にわざわざお越しいただき誠にありがとうございますm(_ _)m

いつものように自己紹介からはじまり、私が“TK STYLE”と勝手に名付けているメソッドをお話させていただきました。この内容も18回目となるとだいぶアップデートされてきており、初回と比べると20分ぐらい内容が増えているので、タイムスケジュールに気を付けながらのスタートです!

毎回例外なくそうなのですが、講義が終わる1時間後は、ちょっと怪しい雰囲気になりますw 皆さん出来ない、無理だと思っちゃうのですか?

その後のデモ・・・

講義の内容を実際に手技として説明しながら、治療工程を進めていきます。

そして、模型上での治療が完成すると・・・

こんな感じになるのですが、またもや無言でどんよりした空気が・・・・(汗)

大丈夫!実習を3回やればみんな出来るようになる!雰囲気はつかめる!と皆さんを鼓舞し実習スタートなりました・・・(大汗)

 

 

 

1回目より2回目、2回目より3回目と実際手を動かしてもらうことで、問題点や苦手なところが見えてきますので、ブラッシュアップし完成度を高めていきます。

1日目は、多分皆さんが想像していたよりボリューム盛り沢山だった内容だとは思うのですが、なんとか目標まで辿り着き、終了となりました。

その後は、恒例の盛岡の夜を楽しみなYO!ということで、焼肉での懇親会(^o^)/

皆さんお腹ペコペコだったこともあり堪能していただきましたw

 

1次会のあとは、私が学生時代からあるお店に移動し、ディープな盛岡の夜を楽しんでいただきました♪

そして、2日目

昨夜はしゃべり過ぎたのか、ちょっと声の出が悪い朝・・・。それでもパワー全快でのスタート!今日も実習漬けですw

 

 

2日目もハードな内容だったとは思いますが、オンとオフを上手く切り替えていただき、皆さん明るくセミナーを楽しんでいただいておりました。個人で参加するセミナーなのですが、他の受講生との交流も楽しみながら行う団体戦でもあるように感じました。

そして、日も傾き夕方に全工程の終了です。

この笑顔をみると何とか満足いただけたのかな?と思っておりますが、いかがでしょうか?

ご自身のクリニックで、今回の技術で多くの患者さんを幸せにしていただければ幸いです。私もまだまだ精進しますよ?。そして、岩手・盛岡の患者さんに還元していきたいと思います。

では、3月後半戦もがんばります!

院長 佐藤

歯医者さんの見つけ方

木曜日, 3月 15, 2018 @ 08:03 PM

患者さんに以前からよく言われる言葉のひとつに「歯医者さんの見つけ方が分からない」「岩手・盛岡に沢山歯医者さんあるけどどこが良いんですかね??」というものです。確かに盛岡は歯医者さん多いんです。ちょっと前のデータになりますが、人口10万人に対する歯医者さんの数は、東京、大阪に続いて盛岡が第3位なのです!並み居る100万人都市を押さえての第3位なのです!!!ちなみに、県レベルで見ると実は40位台なので、いかに盛岡に一極集中しているか分かります。

さて、歯医者さんの見つけ方ですが、当クリニックのようにホームページやブログがあると何となくはどんなクリニックかイメージ出来ると思うのですが、専門的なところとなるとなかなか分かりづらいのが現状だと思います。そして、ネットの情報に左右されて自己判断し、それが間違っていた時は目も当てられないことになっていることが多々あります。

ちょっと前のネットの記事でこのようなものがありました。https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00m/040/185000c

医科の話ですが、お医者さんは自ら発信することは少ないようですが、歯科と同じように患者さんがネットの情報に左右され、自己判断により悪い結果になることも多々あると・・・。また、ネット検索をする際、患者さんの耳障りの良いキーワードではあまり重要な情報が出てこないと。その辺は共通しているかもしれませんね。

例えば、盛岡で歯科医院を探す時によく入れる検索キーワードに「盛岡 歯科」なんてものがあります。確かにこれで探せるような気がしますよね。しかし、実はこれには落とし穴が・・・。以前は当クリニックもこの検索キーワードで1ページ目のトップ3には出てきましたが、今だと9ページ目の真ん中ぐらいでしょうか。誰もが最初に選ぶこのキーワードで上位に表示させようとすると専門業者さんにお金を払ってSEO対策をしっかりすれば上位に出てきます。別に悪い方法ではなく、合法的な方法ではありますが、患者さんが見つけたいクリニックかは定かではありません。

そこで・・・

患者さん自身もちょっと専門用語を覚えておく必要があるかもしれません。

例えば、よく行われる治療で「歯の根の治療」があります。歯の根の先に膿の袋ができ腫れたり痛んだりする症状を示します。このような症状があった方結構いますよね。この病気の治療を「根管治療」と言います。このキーワードを使って「盛岡 根管治療」と検索すると1ページ目に広告のクリニック以外に10件検出されるのですが、そのうち3件は当クリニックの記事が出てきます。

 

※根管治療の1例です。

また、むし歯の治療のひとつに「ダイレクトボンディング」というものがあります。「盛岡 ダイレクトボンディング」と検索すると同様に1ページ目の10件中3件は当クリニック関係の記事が出てきます。

 

※ダイレクトボンディング治療の1例です

このように、ちょっと専門用語を知っていると専門性のある治療の出来るクリニックへの道が開けてきます。

このブログをご覧の方は、すでに専門用語知っている方、ないしは治療の繰り返しにならないようにクリニックを吟味している方だと思います。当クリニックでアイコンで掲げている治療方法は、自信を持って提供しているものですので、ご興味のある方、悩まれている方は一度ご相談いただければ幸いです。

 

院長 佐藤