アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

歯と歯肉の境目に異物が!?

木曜日, 6月 16, 2016 @ 11:06 PM

先ずは、こちらをご覧ください!

うわっ!?っと驚いた方も多いかと思いますが、いかがでしょうか?

以前もブログで書きましたが、歯と歯肉の境目の歯周ポケット内に「ある歯磨き粉」に含まれている顆粒が入り込み、停滞している状態です。この歯磨き粉は、ドラッグストアでよく安売りされているメジャーな製品です。しかし、歯科関係者はこの現状を知っているので、ほとんどの人が使いません。

この歯磨き粉のうたい文句は、「歯肉との境目で顆粒が砕けて、歯垢を取り除く!」ということなのですが、砕けないで残り、それが歯周ポケットに進入してそのまま停滞して、かつ細菌も停滞するための場になってしまうというのが現状のようです。歯周病のある方、インプラント治療をされている方は、歯肉の炎症につながる可能性が高いので要注意です!

この顆粒

裸眼であれば、見つけることは困難であり、ルーペで拡大するとその存在は、見つけることは可能になりますが、どこまで侵入しているか確かめるのは難しいと思います。今回のようにマイクロスコープ(顕微鏡)で拡大して、さらにかなり細い探針(動画で歯あまり細く感じないかもしれませんが、実はかなり細いのです)で丁寧に探ると中からゴッソリ出てくるのです。

この製品の使用に注意するのが一番ですが、もし見つかった場合はどうするのが良いか?

ごく一般的な歯石除去の機械や歯の表面のクリーニングの機械では、歯肉を傷つける可能性もあるので、ちょっとキケンかも・・・。

では、では、どうするべきか・・・。

ヒントは、マイクロスコープを扱える歯科衛生士

詳細は、次回へ続く・・・。

 

院長 佐藤