You are currently browsing the archives for the 歯科治療ブログ category.

アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

Archive for the ‘歯科治療ブログ’ Category

先日、美容業界の知り合いから「最近美容業界では、歯のセルフホワイトニングの導入の営業がすごいんだけど、ぶっちゃけどうなの?」と質問を受けたので、患者さんの皆さんにも知っていただきたいなと思いまして、今回ブログにしてみました。

先ず、我々歯科クリニックで行っているホワイトニングには3種類あります。

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニング

・デュアルホワイトニング

詳細はコチラのページをご覧ください。http://www.taka-dc.com/white/

今回問題となっているのは、そのどれでもないセルフホワイトニング・・・。

最近は、専用サロンがであったり、エステや美容室のメニューのひとつになったりしているようです。正直言ってこれは、我々が行っているホワイトニングと似て非なるものと思っていただきたく思います。

上記3つのホワイトニングは、

1.医療機関で

2.歯科医師が患者さんの歯を診査・診断して

3.歯科医師または歯科衛生士が

4.医薬品や医療機器を用いて行う施術をホワイトニングと呼びます。

では、セルフホワイトニングは何かというと

1.医療機関ではないサロンで

2.歯の診査・診断なしに

3.自分自身が自己責任で

4.医薬部外品と医療機器ではない機械を用いて行う施術のことです。

言うなればサロンは、お客さんに場所を提供しているといったところでしょうか。

 

ここで一番問題なのは、『歯の診査・診断なしに行う』ということです。薬を塗れば歯が白くなる・・・そんな単純なものではありません。

また、サロンの方が経験から診査・診断をしたらどうなるか?これは言わずもがなですが、アウト!ですね。

また、例えばこちらのような患者さん

我々から見れば一目瞭然の要注意!の歯なのですが、患者さん自身がそれを知らなければ大失敗するケースです。

私自身、歯科クリニック向けにホワイトニングのセミナーをやっている経験からも押さえなければならないポイントが沢山あります。なので、安価というだけでこういうものに飛びつくのは正直リスクがあると思っています。全国的に増えてきている昨今ですので、しばらくこの現象は続くとは思いますが、患者さんがトラブルに見舞われないことを願うばかりです。

 

院長 佐藤

久々の根管治療ブログ(^_^;)

金曜日, 3月 23, 2018 @ 08:03 PM

根管治療ブログの更新が滞っておりまして申し訳ございませんm(_ _)m

久々ですが更新しましたので、よろしければご覧ください。

http://www.taka-dental-clinic.com/blog/konkan/568/

 

院長 佐藤

今月(3月度)プライベートセミナー

日曜日, 3月 18, 2018 @ 12:03 PM

3月10日、11日は当クリニック主催のプライベートセミナーでした。通算18回目となるセミナーには、福岡、香川、大阪、神奈川の遠方からいらっしゃっていただきました。香川の先生は、2回目の参加となり前回の1day、そして今回のseason2の2daysとコンプリートとなりました(笑)私も30代の時は、学びに対して貪欲でしたので(今はそうではないという訳ではありませんが・・・(汗))、良いセミナーがあると聞けば遠くにも足を運びましたが、片道5~6時間を2回もお越しいただいたことには感謝・感謝です。その他の方も決して近くはない盛岡にわざわざお越しいただき誠にありがとうございますm(_ _)m

いつものように自己紹介からはじまり、私が“TK STYLE”と勝手に名付けているメソッドをお話させていただきました。この内容も18回目となるとだいぶアップデートされてきており、初回と比べると20分ぐらい内容が増えているので、タイムスケジュールに気を付けながらのスタートです!

毎回例外なくそうなのですが、講義が終わる1時間後は、ちょっと怪しい雰囲気になりますw 皆さん出来ない、無理だと思っちゃうのですか?

その後のデモ・・・

講義の内容を実際に手技として説明しながら、治療工程を進めていきます。

そして、模型上での治療が完成すると・・・

こんな感じになるのですが、またもや無言でどんよりした空気が・・・・(汗)

大丈夫!実習を3回やればみんな出来るようになる!雰囲気はつかめる!と皆さんを鼓舞し実習スタートなりました・・・(大汗)

 

 

 

1回目より2回目、2回目より3回目と実際手を動かしてもらうことで、問題点や苦手なところが見えてきますので、ブラッシュアップし完成度を高めていきます。

1日目は、多分皆さんが想像していたよりボリューム盛り沢山だった内容だとは思うのですが、なんとか目標まで辿り着き、終了となりました。

その後は、恒例の盛岡の夜を楽しみなYO!ということで、焼肉での懇親会(^o^)/

皆さんお腹ペコペコだったこともあり堪能していただきましたw

 

1次会のあとは、私が学生時代からあるお店に移動し、ディープな盛岡の夜を楽しんでいただきました♪

そして、2日目

昨夜はしゃべり過ぎたのか、ちょっと声の出が悪い朝・・・。それでもパワー全快でのスタート!今日も実習漬けですw

 

 

2日目もハードな内容だったとは思いますが、オンとオフを上手く切り替えていただき、皆さん明るくセミナーを楽しんでいただいておりました。個人で参加するセミナーなのですが、他の受講生との交流も楽しみながら行う団体戦でもあるように感じました。

そして、日も傾き夕方に全工程の終了です。

この笑顔をみると何とか満足いただけたのかな?と思っておりますが、いかがでしょうか?

ご自身のクリニックで、今回の技術で多くの患者さんを幸せにしていただければ幸いです。私もまだまだ精進しますよ~。そして、岩手・盛岡の患者さんに還元していきたいと思います。

では、3月後半戦もがんばります!

院長 佐藤

歯医者さんの見つけ方

木曜日, 3月 15, 2018 @ 08:03 PM

患者さんに以前からよく言われる言葉のひとつに「歯医者さんの見つけ方が分からない」「岩手・盛岡に沢山歯医者さんあるけどどこが良いんですかね~?」というものです。確かに盛岡は歯医者さん多いんです。ちょっと前のデータになりますが、人口10万人に対する歯医者さんの数は、東京、大阪に続いて盛岡が第3位なのです!並み居る100万人都市を押さえての第3位なのです!!!ちなみに、県レベルで見ると実は40位台なので、いかに盛岡に一極集中しているか分かります。

さて、歯医者さんの見つけ方ですが、当クリニックのようにホームページやブログがあると何となくはどんなクリニックかイメージ出来ると思うのですが、専門的なところとなるとなかなか分かりづらいのが現状だと思います。そして、ネットの情報に左右されて自己判断し、それが間違っていた時は目も当てられないことになっていることが多々あります。

ちょっと前のネットの記事でこのようなものがありました。https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00m/040/185000c

医科の話ですが、お医者さんは自ら発信することは少ないようですが、歯科と同じように患者さんがネットの情報に左右され、自己判断により悪い結果になることも多々あると・・・。また、ネット検索をする際、患者さんの耳障りの良いキーワードではあまり重要な情報が出てこないと。その辺は共通しているかもしれませんね。

例えば、盛岡で歯科医院を探す時によく入れる検索キーワードに「盛岡 歯科」なんてものがあります。確かにこれで探せるような気がしますよね。しかし、実はこれには落とし穴が・・・。以前は当クリニックもこの検索キーワードで1ページ目のトップ3には出てきましたが、今だと9ページ目の真ん中ぐらいでしょうか。誰もが最初に選ぶこのキーワードで上位に表示させようとすると専門業者さんにお金を払ってSEO対策をしっかりすれば上位に出てきます。別に悪い方法ではなく、合法的な方法ではありますが、患者さんが見つけたいクリニックかは定かではありません。

そこで・・・

患者さん自身もちょっと専門用語を覚えておく必要があるかもしれません。

例えば、よく行われる治療で「歯の根の治療」があります。歯の根の先に膿の袋ができ腫れたり痛んだりする症状を示します。このような症状があった方結構いますよね。この病気の治療を「根管治療」と言います。このキーワードを使って「盛岡 根管治療」と検索すると1ページ目に広告のクリニック以外に10件検出されるのですが、そのうち3件は当クリニックの記事が出てきます。

 

※根管治療の1例です。

また、むし歯の治療のひとつに「ダイレクトボンディング」というものがあります。「盛岡 ダイレクトボンディング」と検索すると同様に1ページ目の10件中3件は当クリニック関係の記事が出てきます。

 

※ダイレクトボンディング治療の1例です

このように、ちょっと専門用語を知っていると専門性のある治療の出来るクリニックへの道が開けてきます。

このブログをご覧の方は、すでに専門用語知っている方、ないしは治療の繰り返しにならないようにクリニックを吟味している方だと思います。当クリニックでアイコンで掲げている治療方法は、自信を持って提供しているものですので、ご興味のある方、悩まれている方は一度ご相談いただければ幸いです。

 

院長 佐藤

出張セミナー(^o^)/

月曜日, 2月 26, 2018 @ 01:02 PM

この週末は、出張セミナーで神奈川県の橋本に行ってきました。顕微鏡治療をはじめて私も10年になりますが、その間全般的な顕微鏡、根管治療(歯の根の治療)、ダイレクトボンディング治療(むし歯治療&審美的な治療)etcを通して全国の先生方と知り合い、ご縁をいただく機会が増えました。今回もそのようなご縁から神奈川のE先生が主宰する勉強会での臼歯ダイレクトボンディングのハンズオンセミナーのご依頼をいただきました。

 私は開業前の14年前は、神奈川で勤務していましたので懐かしさもありながら伺いました。

前日の懇親会でのおもてなしから始まり、

当日は全国から15名の先生方が集まっていただきました。無名の私なんかのセミナーに集まっていただきまして誠にありがとうございますm(_ _)m

いつものプライベートセミナーの内容をアレンジしながらギュギュッと濃密なものにさせていただきました。

 

皆さんが日頃悩まれていることを解決しながら、日常臨床を1UP出来る内容になればと思いましたがいかがでしたでしょうか?

この治療は、テクニカルセンシティブではありますが、私のやり方は再現性があると思いますので、今後も練習を積んで皆様の患者様に還元していってもらえれば私も嬉しいです。

 

また、このセミナーを企画しお声を掛けていただいたE先生、準備・運営をしていただいた勤務医の先生方、大変だったとおもいますが、誠にありがとうございます。また、ご協力いただいたメーカーの皆様も誠にありがとうございますm(_ _)m 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

岩手ではまだまだ認知されていないダイレクトボンディングの治療ですが、全国では熱く、熱く治療の機運が高まっております。治療の適応症もありますので、患者様ご本人での判断は難しいと思いますので、治療をしてみたい、興味があるという患者様は一度ご相談いただければ幸いです。

 

 

では、今週もどうぞよろしくお願い致します。

院長 佐藤

第17回プライベートセミナー

木曜日, 2月 22, 2018 @ 08:02 PM

 まだ2月ですが、早くも今年2回目のプライベートセミナーを先日開催しました。今回の参加者は、大阪、愛知、神奈川、東京と安定の遠方の方々ばかりでした(^o^) 気合充分で盛岡に前乗りしたは良いが、カッコイイ革靴で来たため路面凍結の盛岡の街に悪戦苦闘していた先生もいらっしゃいました(^_^;)

 また、今回は受講生の先生同士がお知り合いだった方もいらっしゃり、和気あいあいとしたスタートとなりました。

私のプライベートセミナーにお越しいただく皆さんは、奥歯のむし歯の治療に際して、このような銀歯や詰め物ではなく、

むし歯を治すだけでなく、どこを治したか分からないような治療となるダイレクトボンディング。すなわち、天然歯を復元するようなこの治療を求めていらっしゃいます。

 

最初の1時間ちょっとは講義をさせていただき、その後のデモで治療のポイントや勘所を覚えていただきました。

 

デモが終わった時は毎回ドキドキです。皆さん難しい顔をしてますから~(汗)

そこからは、2日間に亘る怒涛の実習ラッシュです!

 

 

途中で、当クリニックの歯科衛生士の千葉と村上もお話をさせていただきました。

 

1日目が終わった後は、盛岡のソウルフードも楽しんでいただき、リフレッシュになったでしょうか?

 

 

そんなこんなの濃密な2日間だったと思いますが、確実に皆さんレベルアップしてお帰りになったと思いますので、皆さんの患者さん方に還元してあげてくださ~い。

今週末は、神奈川での出張セミナー、そして来月は今年3回目のプライベートセミナーとなかなかハードな日程ですが、少しでも多くの皆様に貢献できるように私もがんばりたいと思います。もちろん、来院してくださる患者さんには今私が出来るベストな治療を提供させていただきますよ(^o^)/

2月も気付けば1週間ありませんので、しっかり駆け抜けたいと思います!

 

院長 佐藤

 

 

1月まとめ

月曜日, 2月 12, 2018 @ 06:02 PM

すでに2月も半ばとなっていますので、備忘録と化してしまいますが、1月についてのまとめです。

1月13-14日は、当クリニックのプライベートセミナーでした。あ~いつものヤツねとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、16回目になる今回からはseason2となりまして、過去3年間のプログラムから結構変更しましたので、提供する私たちとしましてもちょっとドキドキのセミナーとなりました。

内容としましては、臼歯(奥歯)のダイレクトボンディングの時間を多く割きまして、深く掘り下げてみました。2回目の受講の先生もいらっしゃる中で、再確認でき勉強になったと仰っていただき、スタッフ一同ホッとしております。

 

 

 

 

その他にも今まで好評をだった歯科衛生士によるダイレクトボンディングのアシスタントワークやマイクロメンテナンスについてもランチョンセミナーという形でお話させていただきました。

受講生の皆様の参考になれば私たちも嬉しく、それがそれぞれのクリニックの患者様の笑顔につながると思っております。

 

そして、翌週の1月21日は、東京での出張ハンズオンセミナー!

渋谷駅からすぐのところで、マイクロスコープを4台完備している素晴らしいクリニックが会場となりました。

受講生は、私よりもマイクロスコープ治療が長い熟練の先生方ばかりでしたので、変な汗が出ましたが、概ねご満足いただけたようですので、私もホッと一安心でした。

←皆さん目が真剣です(汗)

前夜祭、セミナー後の懇親会と楽しい時間も過ごさせていただきました。受講していただいた先生方、そしてセミナーを企画してくださったN先生本当にありがとうございました。

このように1月からセミナーはフル回転でしたが、2月も今週、来週とクリニック&出張セミナーです。まずは診療にしっかり集中して患者様の笑顔からパワーをいただき、頭も体も指先も元気にがんばっていきたいと思います。

では、今週もどうぞよろしくお願い致します。

 

院長 佐藤

 

根管治療ブログを更新しました

月曜日, 2月 12, 2018 @ 05:02 PM

しばらくぶりですが、根管治療ブログを更新しました。

歯の根の病気でお悩みの方は参考にしていただき、ご相談いただければ幸いです。

http://www.taka-dental-clinic.com/blog/konkan/558/

院長 佐藤

長期間の治療お疲れ様でしたm(_ _)m

水曜日, 1月 17, 2018 @ 05:01 PM

多分、年末年始は笑顔に溢れていたことでしょう(^o^)

長期間の治療になりましたが、何とか歯を救うことが出来、そして患者様が笑顔になられて私たちスタッフ一同嬉しく思っております。

初診時は、他院で前歯の根管治療中で経過が悪いことから複数歯抜歯を宣告されての来院でした。

私自身も3本は抜歯しなければならないかなと思っていましたが、外科的な根管治療も行うことでなんとか保存することが出来ました(1本は、総合的な判断で抜歯させていただきましたが・・・)

歯肉の傷もほとんど分かりませんし、なにより歯の保存が可能となったことで、患者様のモチベーションも上がり、歯並び・咬み合わせを含めたトータル治療を行うことにしました。

そして、2年後・・・

このような形で治療を終えることが出来ました。

今後は、この状態を長く、長く維持していただくために予防のスタートです!ご自身でのセルフケア、我々が行うプロケア両方とも大事になりますので、楽しみながらがんばって予防に取り組んでいただければ幸いです(^o^)/

 

行った治療は、

・根管治療(外科的な根管治療も含む)

・ダイレクトボンディング治療

・歯周病治療(外科的な治療も含む)

・矯正治療

・かぶせ物治療

 

 

院長 佐藤

2年前の2016年1月16日にこのようなブログを書いていました。

以前のブログはコチラからhttp://www.taka-dc.com/case/1915/

今読み返してもそのとおりと思うのですが、最近はそれに加えて思うところもありますので、その辺について今日はお話したいと思います。

治療費は、世界各国の物価にも左右されますので、多少上下すると思います。なので、元記事の根管治療の費用のグラフのように国によって2~3倍の差があるのはしょうがないと思います。しかし、対日本となると話はやはり変わってきます。アメリカとは約20倍の差となっております。これは、物価の違いによる差ではないことは明白だと思います。

では何か・・・

2~3倍程度であれば、歯科治療の価値観というのは国が変わっても概ね変わりはないと思いますが、20倍すなわち日本人からすると1/20となると全く価値がないといっても過言ではないと思います。

本来であれば価値は同じで、国の医療制度・保険制度によって患者さんの負担額がゼロや何割となったり、民間の保険会社も交えた保険制度であったり、全て患者負担だったりするわけです。しかし、日本はというと国の情報操作により、歯科治療自体に価値はないという費用設定にしています。根管治療1回とコンビニのコーヒー1杯が同じ価値でしょうか?何十年もその制度の土壌に浸かっていればそれが当たり前になってくるわけで、その制度から外れた自費診療は「費用が高すぎる」「この歯科医院はボッタクリじゃないか」と思う訳です。

医科においても自費診療はあります。効果は世界的には認められてきているが、国が認可していない薬であったり、国が認可していない最新の手術や治療。薬代が1ヶ月で数百万円、手術代が数千万円と聞くこともあります。これを個人でポン!と払える人はそうそういないと思いますが、ただ治療の価値という点においてはこうなのだと思います。なので、そこに医療制度、保険制度がどう係わってくるのかだと思います。

しかし、価値自体を操作し、ある意味国民を数十年に亘り洗脳してきている訳ですから、医療従事者と患者さんとの間に価値観のギャップが出てきているのが現状だと思います。

今後も情報操作とこのギャップは変わらないと思います。あとは患者さんがこのことに気付き、ご自身の判断でより良い治療を選択するかが、この国で医療を受ける心構えだと思います。

ちょっと厳しいことを書きましたが、手軽に治療を受けることが出来るのがこの国の医療制度の最大のメリットではありますが、高齢化に伴う社会保障費の自然増加や多種多様で高度化してきている医療は、限りある財源の中の保険制度の範疇に収まりきらないのも現実です。しかし、それらのために論点のすり替えを行い、歯科医療を価値の無い物にするのは全く違うと思います。

今回の投稿は1つの問題提起だと思って皆さんも真剣に考えていただければ幸いです。

 

院長 佐藤