アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

小児床矯正治療

最近の子供は、顎が進化?退化?したことにより昔の人より顎がシャープになってきていますが、その反面歯は栄養が良いせいかかなり大きくなっています。そのため歯がきれいに並ばなくデコボコになり、咬み合わせにも悪影響が出ることがあります。このような状態が低年齢で見られた場合、我々は床矯正治療を提案しております。床矯正治療は、従来のワイヤーを用いた矯正のように歯を積極的に動かすというよりは顎の成長を促すことに主眼を置いた治療法です。この治療法にはワイヤー矯正とは違ういくつかのメリットがあります。

  • ① 取り外しができるので、矯正治療のストレスが軽減される。歯磨きも通常通り出来るので、虫歯や歯肉炎も回避することが出来る。
  • ② 顎の成長を促しながら歯が生えるスペースを作るので、歯並びを整えるのに抜歯を必要としない。
  • ③ 矯正治療の後は通常保定期間(歯の後戻りを防止する期間)が必要になりますが、床矯正治療ではほとんど必要としない。
  • ④ ある程度短期間で終了できる。

治療開始時期

5歳から10歳頃(犬歯が生える前)までが最適とされています(それ以降の時期、また大人でも可能な場合はあります)。

治療期間

6ヶ月~1年

※通常上記期間で終了となりますが、患者様の状況によっては期間が長くなることもあります。

※全ての患者様に適応となるわけではありませんので、ご興味のある方は1度ご相談ください。

症例1 7歳2ケ月、男児

下の前歯の2番目が後ろに生えていることを主訴に来院されました。診査により、歯の大きさに対して下顎が小さく永久歯が生えるスペースが少ないため、本来の位置より内側に歯が生えていることが分かりました。

  • 治療方法:床矯正治療
  • 治療期間:6ヶ月

理想的な位置に歯が並び、隣の犬歯も永久歯が生えるスペースを確保できています。

初診時

終了時


症例2 8歳6ヶ月、男児

前歯の隙間が気になることを主訴に来院されました。診査により、歯の大きさに対して上顎が小さいため永久歯が生えるスペースが少なく、左上の前から2番目の歯は捻じれて生えていることが分かりました。また、前歯の隙間も大きいことが分かりました。

  • 治療方法:床矯正+ワイヤー矯正(前歯の隙間を改善するため)
  • 治療期間:床矯正6ヶ月、ワイヤー矯正1ヶ月

全ての問題は解決され、大変喜んでいただきました。治療終了から2年が経過しましたが、現在も特に問題はありません。

初診時

終了時


初診時

終了時