アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

精密審美治療

ルーペや拡大鏡を使用して歯科治療に取り組んでいます。

当クリニックでは、県内に数台しか無いマイクロスコープを使い治療に取り組んでいます。

裸眼で見ると一見なんでもないようなかぶせ物ですが・・・・・

ルーペや顕微鏡を用いて拡大してみると、歯とかぶせ物に大きな段差や隙間が出来てることがあります。
バイ菌は、ミクロの大きさですので、このような段差や隙間があると間違いなく中で、むし歯を作っています。症状が無いからといって放置しておくと知らないうちに病気は進行し、気付いた時には取り返しのつかない事になっていることが多々あります。

そのような時に、ルーペや顕微鏡を使うのと使わないのでは、治療精度に大きな差が出てきます。
「ハミガキをがんばっているのに、かぶせ物をしたところにまたむし歯ができた」という原因のひとつには、実はこういう術者側の取り組みや技術の差もあるのです。
また、型を取る材料ひとつをとっても、保険で認められている材料と自費で使える材料の精度は雲泥の差があり、それらひとつひとつの積み重ねの差が、精度の高い長持ちする歯の治療とそうでない治療の差になるのです。
下画像は上に紹介した保険治療の詰め物を詰めなおしたものですが、とても自然な仕上がりになりました。

拡大しない治療は、実際は重要なところが見えていない盲目の治療であり、 精密治療・拡大治療は正確な治療を行う上では必須といってもよいでしょう。
さらに当医院では、歯科衛生士が行う予防治療でもルーペを用いていますので、術者である私と歯科衛生士は同じ視点で患者様のお口の状態を把握しています。

このように私たちは、プロフェッショナルとしてトータルの治療において治療の質にこだわっておりますので、安心して最後まで通院し、その後の予防治療に取り組んでいただきたいと考えています。
それが私たちの最大の喜びであります。

タウン誌のヴィヴィット 2009年1月号でも精密治療について取材を受けました。(PDFでご覧いただけます。)