アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

アーカイブ

審美治療

白く美しい歯は笑顔に自信をもたらしてくれます。

初対面のイメージがその人の評価を90%決定してしまう、というデータがあります。
あなたが、初めて会った方に自信溢れた笑顔で接することが出来れば、ビジネスでもプライベートでもあなたの対人関係は素晴らしい結果を生むでしょう。
思わずお口に手が行ってしまう、つい気になって自然な笑顔が出ない、という方はご相談に来られませんか?
さまざまな技法の中からあなたに最適な審美“自然な笑顔が生まれるまで”のプロセスをご提案させていただきます。

  1. 審美治療
  2. ダイレクトボンディング
  3. ホワイトニング

症例紹介

近年、歯科界では「審美歯科」が持てはやされていますが、審美歯科とはいったいなんでしょうか?白いかぶせ物や白い詰め物をすれば審美歯科になるのでしょうか?答えはNOです。私が考える審美歯科とは、歯が担う食べる、話すといった機能をしっかり有したうえで(機能美)、歯と歯肉とが調和がとれて見た目にも美しく審美的である物を審美歯科と言います。
以下に、当クリニックが考える審美歯科治療を行った症例を提示します。

症例1(ブライダルトリートメント)

Before

以前行った前歯の治療から数年が経ち、歯の変色・着色が気になるとともに左右非対称である形が長年のコンプレックスとなっていたそうです。

治療部位、治療方法の説明

・全顎的な矯正治療
・歯肉整形術
・ホワイトニング
・ダイレクトボンディング
・オールセラミッククラウン

After



結婚式前の新提案! ブライダルトリートメント体験記

以前のかぶせ物の色や形が気になっていたので、「結婚式に向けてキレイな歯にしたい!」と思い、治療をお願いしました。先生から歯並びの改善やホワイトニングを含めたトータルの治療を提案され、行うことにしました。

結婚式まであまり時間がなかったのですが、式の前までに全て治して頂き、キレイな歯で当日を迎えることができました。一生に一度の晴れの日なので、「やってよかった!」と改めて言えるほどとても嬉しいです。また、普段から周りの人にも「キレイな歯だね」と褒められることも多く、キレイな上にとても自然な仕上がりに満足しています。

治療の前は不安な部分もありましたが、先生はじめスタッフの皆さんが丁寧に説明してくださり、また小さな相談にものって頂いたおかげで安心して治療を進めることが出来ました。
院長先生、技工士の先生、スタッフの皆様にとても感謝しています。ありがとうございました。








このトライアングルの完成度が高いほど、最良の結果を得ることができ、患者満足度が高いと思われます。


たかデンタルクリニックは、審美治療の強化のために、日本のトップ技工士である関錦二郎さんが社長を務める歯科技工所『関錦二郎商店』と提携することになりました。
関錦二郎さんが作るかぶせ物は、どの歯を治療したか分からないくらい自然で、そして審美的です。歯のことを知り尽くした関さんが作る機能的・審美的なかぶせ物を入れることにより、自然に笑顔になれる幸せな気持ちを多くの方々に体験していただければ幸いです。



症例2(矯正治療&オールセラミッククラウン)

Before

以前、前歯が折れそこに無理やりかぶせ物を入れたので、左右の長さが違うとともに、かぶせ物の適合が悪いために歯肉も炎症を起こしています。

治療方法の説明

・矯正治療
・セラミック治療

矯正治療により、歯を挺出(下に引っ張る)させ、歯肉の高さを揃えるとともに、かぶせ物の適合改善を図った後、セラミック治療で、左右対称を再現します。

After

「どこに被せたか分からない!歯肉も健康的になってとてもうれしい!」と嬉しいお言葉をいただきました。



症例3(ホワイトニング&オールセラミッククラウン&ダイレクトボンディング)

こちらの患者さんでは、前歯の複合的な審美治療をさせていただきました。
先ずは、ホームホワイトニングをしていただき全体的に白さと明るさをアップしました。
その後、右上の1番目の歯にオールセラミッククラウンを装着しました。
天然歯と見間違う素晴らしい出来で、歯肉から歯が生えているような自然なかぶせ物です。
次に左上の1番目の歯を含む4本で、ダイレクトボンディングを用いて虫歯の治療を行いました。
こちらも治療した部位がほとんど分からないような自然で審美的な出来となりました。
今までであれば大きく削らなければならなかった部位も最小限の削合で修復することができました。

初診時

終了時


症例4(ホワイトニング&オールセラミッククラウン)

初診時

終了時


症例5(メタルボンドクラウン)

こちらの患者さんは、上の前歯のかぶせ物を作り変えたいと希望されて来院されました。 「歯の色は気に入っているが、ダミーの歯が長いのが気になる」とのことでした。お話し合いをして、まずは左上の前歯の根の治療を行い、その後歯の長さを揃えるために歯肉の形を整える手術をし、最終的にメタルボンドクラウンのブリッジを装着しました。
歯の色・形とも気に入っていただき、どこがダミーの歯なのかわからない出来栄えに大変満足していただきました。
さらに、今までのかぶせ物ではサ行の発音がしにくかったそうですが、今回のかぶせ物では以前のように発音出来るようになったといううれしい副産物もついてきました。
今後は、適切なブラッシングと定期的なメインテナンスで今の状態を10年20年と維持することが目標となりました。
満足のいく治療ができた結果として患者さんの笑顔に出会えたことが私やスタッフの喜びであり、今後の診療へのエネルギーになった一例でした。

初診時

終了時




オールセラミッククラウン

セラミックそのものだけでかぶせ物をつくったものです。
非常に透明感に優れ、色艶も天然歯と遜色ありません。
もちろん、時間がたっても変色しないことは当然です。
また、歯肉との境目がきれいに再現されることからより審美的です。
更に金属アレルギーのある方には最適です。

メタルボンドクラウン

金属のかぶせ物の表面にセラミックを七宝焼とほぼ同じ方法で焼き付けたものです。
時間がたっても変色しないことは同様です。
また、内面に金属を用いていることからブリッジなどで広範囲を連結する時、咬む力が大きくかかる奥歯の治療には耐久性の問題からも有効です。
オールセラミッククラウンと比較すると若干透明感は劣ります。

ダイレクトボンディング

  1. ダイレクトボンディング(前歯)
  2. ダイレクトボンディング(臼歯)


虫歯の治療で白い詰め物を行ったことがある方は多いと思いますが、皆さん満足されていますか?

  • 歯の形が変わってしまった
  • 歯と詰め物の色が合っていない
  • 時間が経ったら変色してきた
  • 歯と詰め物に段差がある
  • 歯と詰め物の境目からまた虫歯になった

など必ずしも満足した結果になっていない方も多いかと思います。これらのことは、いわゆる保険診療での技術的・材料的な限界があるために起こり得ることと思われます。
今回ご紹介する「ダイレクトボンディング」による治療は、自費診療になりますが、上記のような患者様の不満を解消する事が出来ます。以前は大きく削ってかぶせ物をすることでしか得られなかった機能的・審美的回復が、現在は最小限の削合で天然歯のように復元することが出来るようになりました。
この治療法は、施術を行う歯科医師の技術の熟練度が治療結果にそのまま反映される歯科医師にとってはかなりシビアな治療法です。当クリニックではこの治療法の技術を患者様に判断していただくためにホームページとブログで症例写真を多く掲載しております。この治療法を提供しているクリニックは多くあると思いますので、クリニックを選ぶ参考にしていただければ幸いです。

※ダイレクトボンディングは、数種類の材料を使い失われた部分を再構築します。強度・粘靭性などに優れたこれらの材料はそれぞれ透明感が異なるので、重ね合わせることにより周りの天然歯となじみ、自然感溢れる美しさの再現を可能にしています。さらに歯の切削量が少なくすむというメリットがあります。1回の治療で修復が完了しますので、患者様の負担も軽減されます。

ダイレクトボンディング症例(前歯)

ダイレクトボンディング症例1

初診時

前歯の詰め物が欠けてしまい来院された患者様です。

形成後

欠けた部位は一部でしたが、以前の詰め物と虫歯を取り除いたところかなり大きな欠損が出来てしまいました。一般的な歯医者の場合はここまで大きな欠損になると治療法はかぶせ物になることが多いのですが、当クリニックではダイレクトボンディングが第一選択になります。

終了時

ダイレクトボンディングでの修復後です。色・形・艶は申し分なく、境目も分からないと患者様にも大変満足していただきました。



ダイレクトボンディング症例2

初診時

昔からのコンプレックスの前歯の隙間を結婚式前に治したいと来院された患者様です。お話を聞くと昔から前歯の隙間がコンプレックスで、人前で話をするのが苦手であったり、笑う時は口元を手で隠したりして苦労されているとのことでした。最高の舞台である結婚式を最高の笑顔で迎えるためにダイレクトボンディングで治療を行うことにしました。

終了時

この変化いかがでしょうか!自然な形で隙間を埋めただけでなく、前歯全体のバランスもとることが出来ました(実は前歯4本ともダイレクトボンディングを行っています)。患者様にも大変満足していただき、最高の笑顔を拝見することができました。お幸せに♪



ダイレクトボンディング症例3

初診時

こちらの患者様は、歯の表面の凸凹が気になると来院されました。拝見すると歯ブラシのブラッシング圧が強く、その影響で磨り減ってしまったことと「酸蝕症」で歯の表面のエナメル質が溶けていることがわかりました。酸蝕症の原因を取り除いた後、ダイレクトボンディングで修復することにしました。

終了時

歯の表面の凸凹を改善しただけでなく、女性らしい丸みのある歯の形にし、さらに歯の透明感を出してみました。患者様はご自身の歯の変化に大変驚き、しばらく言葉を失っていました。そして、とても嬉しそうな笑顔を見せてくださいました。



ダイレクトボンディング症例4

前歯の隙間を何とか治したいと来院された患者さんです。
自分の歯を削らずにさらに矯正治療を行わずに治したいということで、「ダイレクトボンディング」による治療法を提案させていただきました。
数回の治療で素晴らしい口元に変化し、笑顔がとてもすばらしくなりました。

初診時

終了時


ダイレクトボンディング症例5

「歯の色と前歯の隙間が気になる」ということで来院された患者さんです。
治療方法をいろいろ提示させていただいたうえで患者さんと相談した結果、ホワイトニングを行った後、前歯の隙間の部分を「ダイレクトボンディング」による修復を行うことにしました。
今回のダイレクトボンディングの一番のメリットは歯を一切削らないで、隙間に足すだけでよいということです。
天然歯と修復したところの境目も分からないこと、白さ・明るさ・透明感・艶も問題ないことから大変満足していただきました。
お帰りの際の笑顔は素晴らしく、口元がより魅力的になったように感じられました。

初診時

終了時


ダイレクトボンディング症例6

こちらの患者さんは「左上前歯の詰め物の色が気になる」とのことで来院されました。
今まで他院で全体的にむし歯の治療をしてきましたが、前歯の詰め物の色はこれが限界と言われたそうです。
そこで、保険と自費の白い詰め物の違いを説明させていただき、実際に行ってみることにしました。
色・明るさ・透明感が全体的に調和がとれた出来栄えにとても満足していただきました。

初診時

終了時


ダイレクトボンディング症例7

こちらの患者さんは、前歯の色と表面のデコボコを治したいと来院されました。
見たところ、歯の表面に虫歯の治療で用いる白い詰め物が無造作に詰められ段差があり、虫歯も出来ていました。
さらに歯肉は歯肉炎になっていたことから、先ずはお口の環境改善から行い、デュアルホワイトニングにて全体的に白さと明るさをアップしました。
その後、上の前歯4本の表面ををダイレクトボンディングで修復しました。
白く、透明感があり、自然な仕上がりに大変満足していただきました。

初診時

終了時


ダイレクトボンディング症例8

初診時

終了時


『輝く白い歯、ダイレクトボンディング体験記』

20代 女性
最初は、ホワイトニングに興味がありホームページでよさそうだった、たかデンタルクリニックを訪れました。
キャンペーン中だったこともあり、デュアルホワイトニングの施術を選択し、自分の想像していた以上の白さと透明感に仕上げていただきました。
ホワイトニング終了後、院長先生から前歯の隙間を歯を削ることなく、また矯正治療を行うことなく治す方法があることを教えていただき、治療方法を提案していただきました。
ホワイトニングだけでも十分満足だったのですが、前から気になっていた前歯の隙間が治るのならばとダイレクトボンディングの治療を受けました。
治療時間が1時間ぐらいあり、その間口を開けたままだったのであごが疲れましたが、治療後に鏡を見せられたときは今までの自分とは違う口元に変わっていたので、とてもビックリしました。
歯が白く、隙間のないキレイな口元は、鏡の前で自然に笑顔になれました。今まで、このような治療方法があることを知らなかったので諦めていましたが、今回この病院とめぐり合って、このような治療方法を提案していただいた私はちょっとラッキーかなと思いました。
今後は、このすばらしい口元を維持できるようにがんばっていきたいと思います。

ダイレクトボンディング症例(臼歯)

ダイレクトボンディング症例1

初診時

こちらの患者様は、1本だけある銀歯を白くしたいと来院されました。診察するとメタルインレー(部分的な銀歯)と歯の境目から虫歯が出来ていたことからも治療は必要でした。治療方法は白い物となるとセラミックインレーやハイブリッドインレーと呼ばれる部分的なかぶせ物が一般的ですが、当クリニックではダイレクトボンディングが第一選択になります。

終了時

いかがでしょうか。奥歯の治療でのダイレクトボンディングの最大の利点は歯と詰め物の境目に段差が無いため、接着力と適合が抜群に良いということです。部分的なかぶせ物ではこうはいきません。また、天然歯と変わらない色や形を再現できております。患者様には、「どこを治療したかわからない!」と大変満足していただきました。



ダイレクトボンディング症例2

初診時

銀歯が気になるといらっしゃった患者様です。お話を聞くと笑った時に口の端で銀歯が光るのが嫌だとのこと。この場合もやはりダイレクトボンディングが第一選択となります。

終了時

銀歯だったところに詰め物をし、色を合わせ自然な感じに修復しました。歯の溝もしっかり再現したことにより天然歯と全く見分けがつかないようになりました。これで笑った時も問題ありませんね。



ダイレクトボンディング症例3

初診時

奥歯の銀歯を白くしたいと来院された患者様です。セラミックのかぶせ物が多数認められ審美的な意識がかなり高い患者様でした。

終了時

「治療したところが全く分からない!」ととてもお喜び頂きました。治療部位の手前のセラミックのほうが作り物みたいなので、やり直すということになりました。ダイレクトボンディングを行うことで、皆様の意識・概念が変わるようですね。



ダイレクトボンディング症例4

初診時

奥歯の以前の詰め物の下に虫歯が出来ており治療をすることになりました。

終了時

虫歯をしっかり取り除き、ダイレクトボンディングで治療を行いました。歯の色・形を再現してしっかり艶をだしました。こうすることにより審美的であるだけでなく長期的にも長持ちする治療になります。保険ではこうはいきません。