You are currently browsing the archives for the たかブログ category.

アクセスマップ
症例はブログをご覧ください

診療カレンダー

診療時間

月・金・土
9:30~12:30 / 14:00~17:30
火・木
9:30~12:30 / 14:00~19:00
9:30~13:00
休診日
日曜・祝日

アーカイブ

Archive for the ‘たかブログ’ Category

可愛い手作りプレゼント🎁✨

火曜日, 8月 4, 2020 @ 09:08 PM

先日当院に定期検診で通院中の男の子から『どうぞ🎵👦』と、この様な(※写真有)可愛い降り紙で出来た手作りのプレゼント✨🎁✨を頂きました💕

最初はお花かしゅりけんかと思ったのですが、聞いてみると❔
『コマだよ(^-^)/』と教えてくれました💡
回してみると、キラキラ❇のコマがくるくる🌀~🎵っと綺麗に回りました✨

幼い頃におもちゃの車🚗で一緒に遊んでいたその男の子👦が、今ではこの様に、難しいコマまで作ってくれるようになったなんて❗おばちゃん❗嬉しいよ😭💕と(笑)

子供の成長をヒシヒシと感じた日でした😊✨

受付 藤野

むし歯の治療もいろいろ

火曜日, 8月 4, 2020 @ 05:08 AM

当クリニックで行っているむし歯治療は、虫歯の大きさ、範囲、難易度、患者さんのご希望などを踏まえてダイレクトボンディングやかぶせ物で治していきます。

今回の治療は、診療にあたる先生によってまさに大きく治療方針が変わる例だと思います。どれが正しいということはありませんが、患者さんにとって何がベターなのか?、ベストなのか?、自分の持っている技術で何が出来るのか?ということを考えた末に導きだした答えだと思っていただければ幸いです。

コチラの患者さんは、88歳の女性。人生の大先輩です。米寿を迎えた現在もご自身は歯20本以上残っており、国と日本歯科医師会が掲げる「8020運動」(80歳までに20本以上歯を残そう!)を見事達成されている方です。歯には歴史を物語るすり減りや歯周病も見受けられますが、3ヶ月毎に定期検診とメンテナンスを受けていただいていることで大きな問題もなく維持できております。しかし、ここ数ヶ月磨きの難しい上の歯の“奥の奥”がむし歯の兆候を示してきており、今回治療介入となりました。

 

さて、ここで問題・・・。むし歯はそこまで大きくはないのですが、場所が“奥の奥”・・・(汗) 治療はお口の前から器具を入れて行います。決して喉の奥から手を出すことは出来ないので、必然的に通常は健康な部位も含めて大きく削らなければなりません。

高齢でもあるので、治療時間は出来るだけ短く、さらに今までのお口の環境を大きくは変えたくないということを考えると何とか『ピンポイントでむし歯の治療を行いたい!』となります。当クリニックには幸い“奥の奥”を見ることが出来る「マイクロスコープ(顕微鏡)」がありますし、そこは可能な限り「ピンポイントで削ることが出来る器具」もあります。もちろん、こういう治療の「経験とノウハウ」もあるので、迷わずダイレクトボンディングという治療の選択となりました。

 

治療は至ってシンプル!このヘアピンのように曲がった特殊な切削器具を使ってむし歯周辺をピンポイントで削合していきます。可能な限り健康な部分は残しながら。その後は、樹脂の詰め物をしていくのですが、お口の湿潤環境で歯との接着が悪くならないようにラバーダム防湿を行います(この水色のシートですね)。

 

そして、過不足ないように詰めていき、最後に形を整えて研磨をします。

 

治療部位を確認しても段差はなく滑らかな状態です(段差があるとそこに汚れが溜まってしまいます)し、レントゲン的にも根の形から移行的になっているのが分かります(白い部分)。

治療時間も比較的短時間で済みました。大きな治療を行っていないので、今までと変わりなくお食事も出来るでしょう。

今回のようなケースでは、様々な治療法が考えられます。私の答えがベストというわけではありませんが、今回のような最小限の介入がこの患者さんにとってはベターではないかと思っています。

マイクロスコープ×ダイレクトボンディングは、いろいろな可能性を秘めていると思いますので、ご興味のある方はご相談いただければ幸いです。

さて、今回の秘密兵器の切削器具は、いつもお世話になっている「錦部製作所」http://www.nishikibe.co.jp/の製品です。マニアな先生たちはご存知かと(笑)

かゆい所に手が届く、そしてマイクロスコープのことを理解している素晴らしい製品を作ってくださる素晴らしい会社です。我々の仕事は、クリニックのスタッフだけでなく、その先にいらっしゃる多くの会社、メーカー、ディーラーさんから成り立っています。これからも多くの方々に助けられながら「チームデンタル」で患者さんのお口の健康に携わっていきたいと思います。

では、今月もよろしくお願い致します。

院長 佐藤

🍍パイナップルリリー🍍

火曜日, 7月 28, 2020 @ 11:07 PM

今週もまたまたパイナップルの形🍍をしたお花💠が届きました(o゚Д゚ノ)ノ

この前は『さんごパイン🍍』というお花。今回届いたのは『パイナップルリリー🍍』

最近パイナップルが流行っているのでしょうか⁉
ハワイや沖縄に行かなくてもお花で楽しめるなんて幸せですね😆💕

次回もお楽しみに😉

受付 藤野

歯の根の病気でお悩みの皆様へ

日曜日, 7月 26, 2020 @ 10:07 PM

さらっと次の備忘録にいこうと思っていましたが、当クリニックのストロングポイントでもあり、多くの患者さんが悩んでいるところでもあるので、「歯の根の治療」に関してはもうちょっと書こうかな?書かなければいけないかなと思いましてもう一ブログ。

当クリニックに歯の根の治療いわゆる「根管治療」でお越しいただく方は、治療全体の35~40%、虫歯の治療のダイレクトボンディングも同じくらいなので、70~80%は歯を保存する(歯を残す)治療です。しかし、以前もお話したように何でもかんでも残せる訳ではなく、また全てが患者さんが希望された治療で行うわけはありません。私が長年勉強してきたこと、先達から学んだ知識と経験を基に診査診断をしてその結果を基に治療法を考えます。なので、場合によっては抜歯を進めることもあります。しかし、根拠のない雰囲気とか勘でそのよう診断結果をを言うことはありません。もちろん、根拠となることをちゃんとご説明しますのでご心配なく。その中で私が出来る事と言えばやはり歯を残すことになります。

根管治療に関しては、神経を初めて取る治療の抜髄より再治療・再々治療という方が圧倒的に多くいらっしゃいます。

全国的にみればこんな統計もあります。

一般的には保険診療で行われている根管治療ですが、推計ではありますが全国で1年間に14,180,448本根管治療が行われており、その半分以上が再治療(厳密には1回目の治療も混ざるのですが、今回のデータからはそこの区別は出来ないので)ということが分かります。

まあ、いろいろ思うところはありますが、自分自身は自分が行った治療の後に再治療・再々治療にならないようにと毎回ベストを目指した治療を行っています。

さて、今回の患者さんは、以前の治療のあと10年以上経過しているのですが、急に痛みが出てきたとのこと。

 

レントゲン写真的にも後ろの根のほうを中心に病気が出来ているのが分かります。また、以前の治療では神経を一部取っていますが、大部分を残すための治療を行っております。それがある程度うまくいっていたので10年以上持ったのかもしれませんね。ただ、いざ今回治療をしようとするとその以前の治療の影響もあって神経管がかなり細くなっていました。マイクロスコープ(顕微鏡)を覗きながら丁寧に削っていくと最初は穴の入り口のようなところがちょっと見えてくるぐらいですが、秘密兵器を使うとこんな感じで根の先端まで穿通し、細菌感染している神経管をきれいにすることが出来ます。

 

そして、徹底的にきれいにして神経管を封鎖するとこのような感じになります。

 

先日治療終了後6ヶ月の検査を行った結果、症状もなくレントゲン的にもその他診査でも問題ありませんでしたのでかぶせ物の治療に移行することにしました。

 

全国的には再治療・再々治療が多い訳ですが、私の今回の根管治療が患者様には最後の治療になればと願っています(治療費はコチラhttp://www.taka-dental-clinic.com/参考にしていただければ幸いです)。

さて、歯の根の病気で悩んでいる方は、コロナに関係なく多くいらっしゃると思います。治療を控えることで歯を保存可能とする時期を逸するかもしれませんので、早めにご相談いただければ幸いです。もちろん、感染予防対策はしっかりしていますので。

7月も後半戦になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

院長 佐藤

 

 

 

2020上半期備忘録 ―根管治療編―

土曜日, 7月 18, 2020 @ 03:07 AM

当クリニックのメインの治療は、『歯を残す治療!』前回のダイレクトボンディングhttp://www.taka-dc.com/blog/4845/もそうですが、メインとなるのは根管治療になります。虫歯だけでは抜歯となるケースは少ないと思いますが、歯の根の病気は抜歯と隣り合わせです。一般的には、根の治療をしても治らない、なぜ治らないのか分からないとお手上げになることが多いと聞きます。なかには自分が治せないものは、治らない病気だから他の先生でも治せないよ!と開き直る先生も・・・(汗) さて、本当にそうなのでしょうか?

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使ってない時代は、私もなんでこの歯の根の病気は治らないのだろう?と思うこともありましたが、マイクロスコープを使い始めて丸12年も経ってくるとそこにはロジックがあるように思います。決して感覚で治している訳ではなく、基本の積み重ねでひとつひとつ根の中の細菌感染を除去する・洗浄するを繰り返して、しっかり目で見て丁寧に丁寧に・・・。マイクロスコープがあることで、その地道な作業が出来るわけです。反論する先生もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも私は「マイクロスコープ越しにしっかり見て、地道な操作を繰り返し行う」ことが、歯の根の病気を治すことにつながっていると思います。

私は「マイクロスコープ越しにしっかり見て、地道な操作を繰り返し行う」ことが、歯の根の病気を治すことにつながっていると思います。

(大事な事なので、2度言います!!!)

こちらの患者さんは、以前他院からの紹介で県外から来院されました。

初診時はこんな感じ。

歯肉の表側に膿の袋が出来て、押すと膿が出てきます。黙っていても痛いし、咬むとさらに痛いので、こちら側では咬めないとおっしゃっていました。

 

角度を変えて同じ部位を撮影してみると

 

このようにかなり大きな病気が出来ていました。

基本に忠実に丁寧に丁寧に治療して、でも治療自体は3回で終了。

根の詰め物がおわったところがこちら

 

そして6か月後

 

先日1年8か月ぶりに来院された時がコチラ

 

あれだけ大きかった病気がキレイに治っています。

紹介元でかぶせ物も入れていただき、今では快適で咬む時も不安はないそうです。

今回ドクター側もお互いの得意分野で連携を取らせていただいたので、患者さんの歯を救い、ハッピーな結果に導けたのではないかと思っています。

世の中には自己満足のために治療しているという悲しい先生もいると聞きますが、我々は

「患者さんの笑顔のために!」

と力を集結しています。同じ志を持ったクリニックそしてその先生やスタッフさんと仕事をしながら、今後も出来るだけご自身の歯を残すという分野で当クリニックは頑張っていきたいと思います。もちろん、どうしても残せない時は、提携クリニックの素晴らしい先生方にお願いすることになりますのでご安心ください。

ということで、2020上半期もいつもと変わらず、根管治療に没頭した日常でした。

根管治療の飛沫拡散予防に先日ご紹介したコチラは手放せなくなりましたね(余談ですが(笑))

さて、週末ラストスパートがんばります!

 

院長 佐藤

 

 

 

コロナ禍であっても我々には不要な治療はないと思っております。

虫歯の治療、歯の根の治療、歯周病の治療、かぶせ物の治療・・・etc

お口のトラブルが何もないことにこしたことはありませんが、全ての皆様がそうとは限りません。なので、しっかりとした感染予防対策をしたうえでここ数ヶ月治療を行っています。

ちょっと前になりますが、4月30日の日刊スポーツの全国面に歯科医院におけるコロナ対策について知り合いの先生が取材を受けまして、その中で当クリニックの感染予防対策を取り上げていただきました。ご覧いただいた方いらっしゃいますかね?

治療時の飛沫の拡散予防を考えた方法になります。顕微鏡治療だからこそのなせる業なのですが、こういうことに気をつけながら日々の診療を行っています。

さて、本題に移りますが・・・

虫歯の治療の代表格は、当クリニックでは「ダイレクトボンディング」。ちなみに、一般的にはまだまだメジャーな治療ではありません(汗)

保険診療でも虫歯を削っての白い詰め物はありますが、一般的には平均点的な治療になると思います。

我々が行っているダイレクトボンディングは、機能性、適合性、審美性において可能な限り100点を目指す治療だと思っています。私がこの治療法に取り組んで17年になりますが、毎年アップデートをしながら、その時の100点を目指して行っています。

 ←治療前

 ←むし歯除去後

 ←治療後

←治療前

←治療中

←治療後

前歯も奥歯もこのような感じで。

このようにどこを治したから分からないように仕上げるのが我々の仕事だと思いますし、そしてこのキレイな状態を長く維持していただけるようにするのも我々の仕事だと思います。

全てのむし歯治療をダイレクトボンディングで行えるわけではありませんが、適応になると判断した歯に関しては全力でこのように治療をさせていただいております。

ご自身の歯を残したいとお思いの方は、手遅れにならないうちに一度ご相談いただければ幸いです。

 

院長 佐藤

 

 

 

 

💠今週のお花💠

金曜日, 7月 10, 2020 @ 06:07 PM

今週のお花はこちらです(^-^)/
梅雨時期☔☔🐌ぴったりな美しい紫陽花のアナベル💠

薄いピンクの花びらが重ね合っている珍しいタイプの華やかなユリ💠

赤色のフサフサのホウキの様なケイトウ💠

トルコ桔梗は、いつもの色に加えてグラデーションがかっていて他のお花との相性もぴったり💠

次回のお花もお楽しみに😉

受付 藤野

🍍さんごパイン🍍

土曜日, 7月 4, 2020 @ 08:07 PM

今週のお花は・・・と言いたいところだったのですが、今週はいつも頼んでいるお花屋さんからなんと❗枝が付いた小さくて可愛いパイナップル🍍が届きました⤴⤴
これを見た時には診療が始まりスタッフが誰もいない時だったので、一人興奮を押さえきれずニヤニヤしておりました(笑)😍😍😍

と、いうのも💡最近スタッフ同士でこの小さなパイナップルの話をしたばかりだったので、こんなタイムリーに届くなんて本当に驚きました😱❕

お花屋さんから届いた小さなパイナップル🍍。その名は『サンゴパイン』❇

みんなで話していた更に小さなパイナップル🍍の名は『花パイン』❇

その違いは一体何なのか❔調べてみると、、、

観賞用ミニパインという物でパイナップル種類がいくつかあるみたいで、花笠パイン、サンゴパインなどと名前が付けられているようでした😊

植物・珍物好きな変わり者の私のパイン🍍なお話でした📖😃

受付 藤野

2020上半期備忘録 ―プライベート編―

土曜日, 7月 4, 2020 @ 05:07 PM

2020年もあっ・・・・・・・という間に半年が過ぎてしまいましたね。まさに新型コロナウイルスに翻弄された、そしてそれがまだ現在進行形の。なかったことに出来れば良いのですが、そうもいかないのが現実。ということで、プラスのことを思い出しながら忘れないようにということで備忘録を。

1月2月は、ニュースの報道では毎日コロナの話は流れていましたが、まだまだ今から比べれば序の口。岩手・盛岡においては、普通の生活だったと思います。

そして、3月2日の休校要請から4月の緊急事態宣言、stay home期間、解除からもろもろあって現在の第二波?というところですね。

私はというと、自分が講師を務めさせていただいている外部セミナーが全て中止になりましたし、自分が勉強しようと思って申し込んでいたセミナーも中止、所属学会の大会も中止となりましたので、皆様と同じようにお家時間を楽しんでおりました。

ここ2~3年忙しさにかまけてほったらかしにしていたお庭や観葉植物の再生に時間を費やしていました。雑草の草刈りからはじまり、庭の中にも日当たりの良い場所、そうでない場所があることからここには何を植えようかなと考えながらホームセンターでいろいろ買い込み、えっさほいさと土と植物と戯れていました。

 

お庭が華やかになり、愛犬さらも喜んでおります(^o^)

それ以外はというと、盛岡の隠れた桜の名所に行ってパチリと。普段ならただ通っているだけのところに足を止めて感慨に耽ってみたりと・・・。

中央公民館の桜並木

 

四十四田ダム公園は、岩手山とのコントラストも美しく、心が癒されましたね。

自宅から車で10分程度になかなかの絶景ポイントを見つけました(実は初めて行ったりして(汗))。朝早くに行って、10~20分程度滞在でしたが、最高の気分転換でした。

6月上旬には、またまた初めての場所へ。新聞で見たスポットへ行ってみたくて、午前診療の後、車を飛ばして行ってみました。

 

駐車場から歩くこと20分お目当ての場所へ

 

そうです鏡沼、通称「ドラゴンアイ」。エメラルドブルーの水面と龍の目に見えるフォルム。まさに絶景でした。

この日はまさに絶好の日で、中央の雪も溶けてまさに眼が「開眼!」という状態でした。このドラゴンアイは2週間だけの絶景と言われており、さらに開眼となると数日だけのようです。海外のSNSで有名になったことから普段のこの時期は、週末となると大渋滞のようですが、今年行けた私はラッキーだったかも。

岩手にはまだまだ行ったことのない絶景ポイントやパワースポットがあるんだなあと実感。今後も岩手を探索しながら楽しみたいと思います。

さて、プライベートはこんな感じの半年間でしたが、本業はどうであったかは後半戦へ続くということで、次回お届け致します(^o^)/ 引っ張っちゃいました(汗)

 

院長 佐藤

 

🍃アロママスクスプレー🍃

月曜日, 6月 29, 2020 @ 08:06 PM

以前メディカルアロマセラピーのセミナーを受講した時に、アロマスプレーの作り方を習い、院内でも歯ぎしりでお困りの方へ快眠効果のあるアロマをご案内しておりました😊

再びコロナの感染者が増えてきているこの時期、マスクが欠かせない今。
せっかくなら毎日心地よく清潔・安全に使いたいですよね✨

今こそおすすめなのが、『アロママスクスプレー』です❗ヽ(*´∀`*)ノ

マスクの外側にワンプッシュ🎵

おすすめのブレンドは❔

🍃ティートリー(抗菌・抗ウイルス作用・感染症予防・皮膚細胞成長促進作用)

🍃ペパーミント(抗菌・抗ウイルス作用・心をリフレッシュさせてくれる)

🍃ラベンダー(抗菌・抗ウイルス・精神も浄化し、穏やかにしてくれる)

です😃

ウイルス・菌を除去してくれたり、肌荒れやリフレッシュまでしてくれるなんて、きっとマスクを着けるのが楽しくなっちゃいますよ😉💕

ご興味ある方は作り方をお教えしますので、受付の藤野へお声掛けくださいませ😊

少しでも、皆様のマスク・コロナ疲れのストレスや歯ぎしり改善につながりますように❇

受付 藤野